サッカー好きの引きこもり無職

40代引きこもり無職でただのサッカー好きです。 ガンバ大阪を中心にサッカーについて綴っていきます。

#J3 第27節 vs福島 前半は善戦するも後半力負け #ガンバ大阪U23

今日は14:00からホーム福島戦。
台所事情が厳しくユースの選手を7人起用し、DFライン3人も全員ユース。
ベンチにはFPが2人だけという台所事情です。

ただ立ち上がり凌いで試合が落ち着き始めると徐々に主導権を握りました。
福島が前からそれほどプレッシャーをかけてこないこともあって、
DFラインでも落ち着いてボールを回せていました。
福島のDFラインが高いのでもっと裏を狙っても良かったとは思いますが。

ボールは持てるも中々シュートまで行けない中、前半29分に中央で芝本がフリーで持ち
ここから浮き球のパスを入れてゴール前で白井が頭で合わせて先制ゴール!(・∀・)



この試合初シュートで先制して、その後はさらに自信をもってボールを持って動かせるようになり
前半は主導権を握ったままリードで終了。前半は本当にいい内容でした。

そして後半は、開始からハイペースで攻勢をかけてくる福島にいきなり決定機2つ作られます。
これはクロスバーとGK林の好セーブに救われますが、その後もサイドのドリブル突破や
中央の空中戦に競り負ける場面が何度もありました。フィジカルでは分が悪い。

ガンバも前半よりゴール前の決定機はありますが、シュートがGK正面だったり枠外だったり。

後半26分、ゴール前のハイボールの競り合いでこぼれたところを押し込まれて失点。
さらに29分にクロスから中で合わされて逆転されました。

終盤は足も止まり、ここから反攻も厳しく、試合は1-2で終了。8連敗となりました。

ユースの選手にとってはプロとしてやっていく上で必要なフィジカルを
体感するいい試合にはなったと思います。でも流石に編成なんとかならんのかと…

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ

東京五輪代表は「森保一+森山佳郎」の育成に期待

東京五輪、森保一監督に決定 サッカー男子日本代表
日本サッカー協会は12日、東京都内で理事会を開き、2020年東京五輪の男子日本代表監督に、J1広島を3度のリーグ制覇に導いた森保一氏(49)の就任を決めた。

森保一がどれだけの手腕を発揮するのか、どんな戦術・システムでくるのかは
広島でやってたそのまんまかどうかわからないので今のところ評価できません。

が、一つ良いと思ったことは、現在U-17日本代表監督としてグループリーグ突破した
森山佳郎の存在です。このまま2019年のU-20代表監督になり、終了後は2020年の
U-23代表にコーチングスタッフで合流するシナリオなのだろうな、と。

2002年から2012年まで広島ユースの監督を務めていた森山佳郎はその間優勝8回。
森保一は2004年から広島強化部育成コーチをやっているのでよく知る関係です。

2007年から森保一は広島のトップチームのコーチとなって、一時新潟のコーチをして
2012年からトップの監督で森山佳郎がトップ上げた選手を育成したわけで。
まぁそのうち何人かは浦和あたりに抜かれてしまいましたが(;´∀`)

広島の3度の優勝には森山佳郎-森保一ラインの育成の流れがあったので
これを日本代表でも同じことができれば面白いかな、と。
さらに片野坂知宏(現大分監督)を加えると完璧なのかもしれない。

個人的には堂安・久保の2枚看板アタッカーを生かすサッカーをやってほしいですねぇ。

プロサッカー監督の仕事 非カリスマ型マネジメントの極意

にほんブログ村 サッカーブログへ

#J1 第29節 vs新潟 後半戦最弱 #ガンバ大阪

今日は14:00からホーム新潟戦。
出場停止の倉田の代わりには井出がJ1初先発。

前半ははっきり言って低調な内容でした。最終ラインにプレッシャーをかけられて
思うように配給もできず、前で収めることもできず。攻撃の形はほとんど作れず。
球際でも負けるシーンが目立ちました。

不用意なパスミスから何度か迎えたピンチは東口がビッグセーブ。
ハリルホジッチ監督が観てる前で少しはアピールできたのかなぁ?
一方三浦は空回りしてたのか前半はつまらないミスが目立ちました。

お互い得点なく折り返した後半もしばらくは同じ展開。後半9分に長沢を中原に交代し
遠藤をFWに上げましたが、これで一気に流れがよくなりました。
中央で捌けるしサイドへの展開からも攻めやすくなりチャンスが増えましたが得点できず。

すると後半22分に左サイドを突破されてのクロスからクリアしきれなかったところを
押し込まれて失点。左サイドはホニのスピードに藤春がついてよく対応していましたが
このシーンではついてたのは藤春ではなかったので綺麗にクロスを入れられました。
でも中の対応も遅れてましたねぇ。

1点を追いかける展開となり、積極的に攻めたいところでしたが思うようにテンポは上がらず。
オ・ジェソクが筋肉系のトラブルで交代になるなどして運動量で上回ることもできなかった。
今日負ければ他の試合の結果次第でJ2降格の新潟の必死さが上回っていたというべきかな。

新潟は引いて守備に徹するでもなく、前からプレスしてカウンターを常に狙ってきていたので
最後まで思うようにビルドアップができない場面が目立ちました。

試合はこのまま0-1で終了。J1では8月26日の鳥栖戦から勝利なし。荒療治が必要かなぁ?

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ
最新コメント
関連サイトRSS
ブログ内検索