サッカー好きの引きこもり無職

アラフィフの引きこもり無職でただのサッカー(ガンバ大阪)好きです。 サッカーやそれ以外のスポーツについて綴っていきます。

#J1 第1節 vs横浜FM VAR最高や! #ガンバ大阪

今日は14:00からJ1開幕戦の横浜FM戦。

今日は宇佐美1トップ、守備陣はオ・ジェソクを右SBに入れての基本4バック、状況によっては5バックの可変システムなのかな?

後ろから繋いでくる相手に対して、今年のテーマであるハイプレスでどれだけボールを奪って攻撃できるかが鍵でしたが、いきなり結果を出しました。

前半6分、前からのプレスで矢島がGKからボール奪ってパス、それを倉田がゴールに流し込んで先制ゴール!(・∀・)

まさに狙い通りの先制。倉田はJ1通算50ゴールとなりました。

先制してからはボール握られて何度もピンチはありましたが、両ワイドの遠藤渓太と仲川には、オ・ジェソクと藤春がマンマーク気味できっちりついて自由にやらせずよく抑えました。

そして前半34分には、CKを跳ね返されて東口までバックパス、それを前に蹴り込んだパスにDFラインと入れ替わりに抜け出したのが倉田。

そのままゴール脇まで持ち込んでマイナスのクロスを入れると、後ろから走り込んできた矢島がしっかりコースに流しこんでゴール!(・∀・)

と思ったらオフサイドの判定。ええっ?ちゃんと入れ替わりで抜け出したやろ?と思ったら、当然VARの対象になりました。

VARレビューの結果、ゴールが認められ追加点。まぁ当然だけど、VARのありがたみを感じました。
前半はこのままきっちり守って2-0で折り返し。前半は完璧に近い内容と結果でしたね。

後半は開始からさらに押し込まれる時間が続きましたが、守備は遅れることなく対応。こうなると心配なのは、どこまで体力が続くか、そしてどこかで追加点を奪えるか。

どんどんピンチが増える中で、東口のファインセーブでしのぎながらも後半29分に失点。

ここからの15分は足が完全に止まって怖いし、ハンドのVARチェックが入るし、いつ追いつかれてもおかしくない展開になりました。

それでも必死に守りきって2-1で開幕戦勝利。遠藤保仁のJ1最多出場タイ記録に花を添えることができました。

昨年の王者相手にハイプレスが機能したのは大きな収穫だし、自信は持っていいかと。もちろん体力が90分続くわけがないので、自分たちがボールを保持して押し込む時間をどれだけ作れるかが今後の課題になりますが。

今日はなんといってもVARのありがたみを感じた試合でしたけどね(;´∀`)

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ

第37回日本カーリング選手権 Final

第37回日本カーリング選手権は男女とも本日が決勝戦。そして男女ともラウンドロビンの1位2位の試合となりました。

午前中に行われた男子は、前回優勝のコンサドーレが平昌五輪出場の両角友佑がスキップを務めるTM軽井沢を破って全勝で連覇。

両角友佑がスーパーショットを決めるなど追いすがりましたが、コンサドーレは序盤のリードをしっかり守って逃げ切り。

でも前回のコンサドーレ1強から2強になったので面白かったですね。

女子はラウンドロビン全勝の中部電力とロコ・ソラーレ。プレーオフではロコ・ソラーレが勝ち、今大会1勝1敗での決勝戦。

耐える展開が続きながら、お互いにスチールもありながら、プレーオフに引き続きエクストラエンドに入り、後攻のロコ・ソラーレが1点とって4年ぶりの優勝。

9エンドのロコ・ソラーレのラストストーンの起死回生のダブルテイクアウトが決まったのが大きかったかな。

女子は4強の構造ながら、今大会は若干2+2強だったと言えるかも?

ロコ・ソラーレは来月カナダで行われる世界カーリング選手権に出場しますが、今年と来年の大会のポイント次第で北京五輪の出場枠を取れますから、頑張ってほしいですね。

ロコ・ソラーレは2016年に出場して準優勝して、そのポイントで平昌五輪に出場枠取って、その結果銅メダルをとれたわけですし。

青森ドロップキッカーズ

にほんブログ村 その他スポーツブログへ

#ルヴァンカップ GS 第1節 vs柏 #ガンバ大阪

今シーズン開幕戦はルヴァンカップのグループステージ・柏戦。
アデミウソンが怪我のため、小野瀬がFWに入り右WBに福田、新戦力の新里がCBに入りました。

今年はハイプレスを意識したチーム作りを目指していますが、それを見越してか柏はWBの裏にボールを蹴ってクリスティアーノとオルンガを使う狙いがはっきりしてました。

アバウトなボールでもマイボールにできちゃうクリスティアーノとオルンガだけに非常に怖い。

逆に柏の前からのプレスにビルドアップに苦しみ、何度かピンチを迎えました。そして前半24分にオルンガに決められて失点。

失点後、アンカーを井手口から矢島にチェンジ。これでビルドアップがスムーズになりゴール前まで攻めるシーンが出始めたものの得点はできずに前半終了。

1点ビハインドで迎えた後半は、開始から積極的な攻撃で決定機を作り、前半とはまるで見違えました。

チャンスと見て井手口に代えて遠藤投入。ペナ内のプレーも増えて押し込んでセカンドボールを拾って二次攻撃・三次攻撃もできてチェンスが増えました。

福田に代えて渡邉を投入して小野瀬を右WBに回してさらに攻撃のペースアップ。

渡邉は決定機を作るも、今日は柏のGKがあまりにも当たりすぎ。CKから新里がゴールしたと思ったシーンはオフサイドの判定で得点ならず。

後半の内容は良かったものの、得点できずに0-1でタイムアップ。ルヴァンカップは黒星スタートになりました。

前半の内容は20点くらい、後半は70点くらいですかね。後半の試合を前半からできていればという試合ですけど、そこは去年から改善できてない。

小野瀬のFWはビルドアップに苦しむ中では期待したほど機能してなかったですね。オプションとしてはありかな。福田もそれほど良さは出せなかったけど、ルヴァンカップは21歳以下の枠で確実に出番があるから頑張ってほしい。

最終ラインの守備とビルドアップ面は昌子が入れば改善されそうなのでいいとして、試合運びの拙さはずっと課題のままかなぁ…

エルゴラッソ Jリーグプレーヤーズガイド2020

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ
最新コメント
関連サイトRSS
ブログ内検索


新型Fire TV stick