サッカー好きの引きこもり無職

アラフィフの引きこもり無職でただのサッカー(ガンバ大阪)好きです。 サッカーやそれ以外のスポーツについて綴っていきます。

アジアカップ2019の #日本代表 メンバー発表 東口・三浦選出 #ガンバ大阪

2019年1月6日から始まるアジアカップ2019のメンバー23名が発表されました。
  • GK 東口順昭、権田修一、シュミット・ダニエル
  • DF 長友佑都、槙野智章、吉田麻也、佐々木翔、酒井宏樹、室屋成、三浦弦太、冨安健洋
  • MF 青山敏弘、原口元気、柴崎岳、遠藤航、伊東純也、中島翔哉、南野拓実、守田英正、堂安律
  • FW 大迫勇也、浅野拓磨、北川航也
ほぼ予想通りですね。長友佑都がクラブで復帰して目処がたったので山中亮輔は選外になりました。

怪我でもなければ前の4人はほぼ決まりですが、後ろはわかりませんね。
柴崎は試合勘取り戻すまで時間がかかりそうだし、CBもどんな組み合わせにするのか。

グループステージの3試合は全員使ってコンデイションや連携を見るために使ってもいいでしょう。

気になるのは、FWに背が高くて空中戦に強いタイプが大迫くらいしかいないことかな。
守ってくる中東勢相手にいざという時にパワプレーができないんじゃないかと。
メンバー的には地上戦勝負を徹底した方がいいかもしれませんけどね。

東口と三浦もグループステージで出番があると思いますし、そこで結果出せば使われるはず。
がんばってポジション掴んで欲しいと思います。怪我だけはしないように。

Number(ナンバー)967号「日本代表 僕らの時代。」

にほんブログ村 サッカーブログへ

#J1 2018 参入プレーオフ 踏み止まるか、這い上がるか。

2018年のJ1残留争いは勝点41で5チームが並び、得失点差で磐田が16位で
今年から開始されるJ1参入プレーオフに回ることになりました。

順位チーム勝点得失差
12横浜FM410
13湘南41-5
14鳥栖41-5
15名古屋41-7
16磐田41-13
1739-7
18長崎30-20

本当に高いレベルの残留争いで、逃げ切れて良かったと思います。

今回とは違う方式のJ1・J2入れ替え戦は2004年から2008年まで5年間行われていました。
当時はJ1の16位とJ2の3位がホームアンドアウェイで戦いました。

この時の結果は、J1 16位の2勝3敗。勢いのあるのはJ2のクラブの方でしたね。
柏のホームで甲府のバレーがダブルハットトリックを決めた2006年は強烈な印象が残っています。



磐田は2008年にJ1 16位で仙台と戦って勝ち、残留を決めていますが、
2014年のJ1昇格ブレーオフ準決勝で山形のGK・山岸にヘッドを決められて敗退しています。
当時も名波監督だったわけで、東京VがCKからGKのヘッドを押し込んで勝ち上がってきたのを見て
どういう心境なのか…

直前の試合の結果・ATの内容から言えば、勢いは明らかに東京Vにあります。
ただ一発勝負では何が起きるかわかりません。またATにドラマが起きたりして…



にほんブログ村 サッカーブログへ

#J1 2018 シーズン終了総括 #ガンバ大阪

今シーズンも34試合を7,7,7,7,6の5クールとして総括しています。

第1クール:1勝1分5敗の勝点4、得点8・失点12・得失点差-4 「●●●△●●○」
第2クール:3勝1分3敗の勝点10、得点6・失点7・得失点差-1 「●○●○○●△」
第3クール:1勝3分3敗の勝点6、得点7・失点12・得失点差-5 「○」
第4クール:4勝1分2敗の勝点13、得点9・失点8・得失点差+1 「△●●○○○○」
第5クール:5勝0分1敗の勝点15、得点11・失点7・得失点差+4 「○○○○
シーズン計:146分14敗の勝点48、得点41・失点46・得失点差-5

前半:4勝3分10敗の勝点15、得点15・失点25・得失点差-10
後半:10勝3分4敗の勝点33、得点26・失点21・得失点差+5

● 5勝0分1敗・勝点15
 第4クールからの連勝を9と伸ばし、第4クールを上回る勝点15を獲得して残留を決めました。
 途中からは勢いが本当にありましたねぇ。

● 得点11・失点7・得失点差+4
 ファン・ウィジョ、アデミウソン、小野瀬がそれぞれ3得点。渡邉と中村がそれぞれ1得点。
 こうしてみると倉田が無得点なのが残念ですが、攻撃は非常によく回っていたと思います。
 守備は最後の柏戦の4失点がもったいなかったですね。

● シーズン計14勝6分14敗・勝点48(9位)
 前半と後半の勝敗数が全く逆になりました。失点数はもう少し減らしたかったですね。
 17位で低迷したところから、よくぞ9位までもっていけたと思います。

第4クール終了時、「残り6試合で勝点7取れば勝点40でギリギリかなぁ」なんて言ってましたが
勝点42ないと残留を決められないというハイレベルなシーズンで、よく残留を決められたと思います。

しかし終盤は試合を重ねるごとに自信を取り戻し、狙い通りの攻撃が出来ているシーンも増えました。
これを来年に繋げられれば、来年はいいシーズンになると思います。もちろん、補強もしっかりとね。

シーズン前の予想では、今野の存在が大きいと言ってた通り、いる時のいない時が
まるで551のある時・ない時のような結果になってしまいましたね。

FWは万全なら多少はやってくれると思っていたファン・ウィジョは期待以上の活躍、
さらに補強した渡邉がポスト役でしっかり役割を果たしてくれてなんとか形になりました。

来年もFWとボランチが補強ポイントであるのは間違いありません。

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ


メインブログ
40代貯金2000万でセミリタイア
貯金2000万からのセミリタイア継続中

Twitter アカウント

にほんブログ村
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ



最新コメント
関連サイトRSS
ブログ内検索


新型Fire TV stick