サッカー好きの引きこもり無職

40代引きこもり無職でただのサッカー好きです。 ガンバ大阪を中心にサッカーについて綴っていきます。

ブラジルW杯 B組 チリvsオーストラリア

BSでの夜の録画放送を酒飲みながら観ました。

試合開始からチリのボール支配率高く、オーストラリアはロングボールで
カウンター狙うしかないという序盤、12分、14分と立て続けにチリが得点して
一気に試合決まっちゃったかなという展開。シュート2本で2得点だったのかな?
しかしオーストラリアも前半35分に1点返して試合はまだわからなくなりました。

2-1で折り返した後半もポゼッションはチリ。その中でオーストラリアも惜しいチャンスは
あるものの決められず。ATにチリがやっと追加点を入れて試合は決まり。

公式サイトでのチリのポゼッションは最終的に63%になったようです。
シュート数ではオーストラリアの方が多かったですが、試合はチリがコントロールして
きっちり勝ったと言える試合でしょうか。オーストラリアもケーヒルにクロスを入れたら
なんとかしてくれる感はあったのですが。

次はこのチリとスペインの対決。勝ったほうがGL突破の可能性が高いですが
チリは引分けでも得失点差的に有利に立てるのでどういう策でくるのか、楽しみです。

にほんブログ村 サッカーブログへ

ブラジルW杯 B組 スペインvsオランダ

前回の決勝と同じという贅沢なカード。
この組の2位通過はA組の1位おそらくブラジルとの対戦になるため
1位通過も重要になります。強豪は一戦目にピークはもってこないものですが
どういう戦いになるかという楽しみが。

オランダは5バック気味ながら高いラインでコンパクトにしてスペインに自由にさせず
まずまずの立ち上がり。しかしロッベンが靴脱げて紐解くのに手間取っている間
数的優位になったスペインがパスを繋げるように。 ロッベン戻るものの、
スペインペースは変わらず前半27分にスペイン先制。

オランダは劣勢が続くものの、後半終了間際にアーリークロスからファンペルシーが
見事なダイビングヘッドで同点。これがフライング・ダッチマンってやつですか(´∀`)
これで1-1で折り返しますが、この1点は大きかった。

後半、序盤からオランダは勢いがありました。
再びアーリークロスからロッベンがDF2人を交わして逆転ゴール!(・∀・) 
後はオランダの独壇場のような展開になってさらに3点追加で1-5でオランダ勝利。

オランダの勝利はジャイアントキリングでもありませんが、予想外の結果となりました。
スペインはGL敗退もあるかもしれませんね。

にほんブログ村 サッカーブログへ

ブラジルW杯 A組 メキシコvsカメルーン

昨日のブラジル、カメルーンと同じA組の残り2カ国。
日本時間1:00からの試合。激しい雨の中の試合となりました。
カメルーンの監督はどこかで見たことあると思ったら、元浦和のフィンケですね。

予想は順当にメキシコだろうと思って観てましたが、
前半メキシコのゴールと思ったチャンスがオフサイドでノーゴール。
メキシコ優勢ながら0-0で折り返し、さらに雨が強くなって後半突入。

後半16分、メキシコがゴール前まで見事に繋いでGKと1対1のシュートは
阻まれるもこぼれた所を押し込んで先制ゴール。迫力ある攻撃でした。
これで前に出ざるを得なくなったカメルーンは攻撃に出ますが
メキシコはボール持った時に簡単には失わないし、カメルーンは
スペースある状態で攻撃するチャンスはなかったですね。

結局メキシコが1点を守り切って1-0で試合終了。
メキシコとしたらゲームプラン通りの完勝と言ってもいいかも。

にほんブログ村 サッカーブログへ
最新コメント
関連サイトRSS
ブログ内検索