サッカー好きの引きこもり無職

40代引きこもり無職でただのサッカー好きです。 ガンバ大阪を中心にサッカーについて綴っていきます。

ブラジルW杯 D組 イングランドvsイタリア

序盤のもう一つの好カード。
イングランドは若い選手使ってきました。

前半35分にイタリア先制、糸をひくようなミドル美しい。
しかしやられたらやり返す、すぐにイングランドが追いつく。
左サイド抜けだしたルーニーのクロスの精度が高かった。

1-1で折り返した後半開始すぐにバロテッリの豪快に叩きつけるヘッドで
イタリアが再びリードして優位に試合を運べるように。
後半途中からイングランドは足がつる選手が増えて苦しそうでした。
コンディション厳しいんでしょうねぇ。リードされてると余計つらい。
結局イングランドは追いつけず試合終了。 

D組のウルグアイvsコスタリカはコスタリカが勝ったようで、
D組も混沌としてきました。

にほんブログ村 サッカーブログへ

ブラジルW杯 C組 コートジボワールvs日本

大事な初戦。
CBは吉田と森重、ボランチは長谷部と山口となりました。
予想はしてましたがやはり慎重に試合を進めたいのでしょう。
ワントップには大迫となりました。

コートジボワールはヤヤ・トゥーレが先発、ドログバがベンチスタート。
強い雨の上蒸し暑そうで、コンディションのこと考えてのことでしょうか。
日本が遠藤の投入で流れを変えるのと同様にドログバの投入で
勝負をかけてくるところがポイントになりそう。

さて試合の入りは…お互いめちゃくちゃ慎重でしたねぇ。
コートジボワールも日本のCBに全くプレッシャーかけてこないし。
前半15分まではまるで南アフリカ大会の初戦カメルーン戦のように眠たくなる試合。
しかし前半16分、スローインから本田がワントラップでシュートコースを作って
ニア側をぶち抜く豪快なゴール!(・∀・)  本田△ 流石ですわ

ここから試合が動き始めますが、コートジボワールも連動性のある攻撃なく
シュートも枠に飛ばないシーンが多くて助かりました。日本も決定機がいくつか
ありましたが決めきれず日本リードで前半終了。

後半早々に長谷部に代えて遠藤投入、一方コートジボワールは満を持してドログバ投入。
ドログバ投入でコートジボワールの雰囲気、会場の雰囲気が代わり、直後にゴール。
さらに2分後に同じ日本の左サイドからのクロスでまた失点。2点とも同じ形でした。

ドログバ投入で流れを代え、自分たちの時間帯に確実に2点決めてしまいました。
日本も前半得点後に同じように自分たちの時間帯で追加点のチャンスを決められず、
この差が出ちゃいましたね('A`|||)

その後は守るコートジボワールに対して効果的な攻撃できず試合終了。
前半はいい時間帯もありましたが、全体的にはミスも多く自分たちのサッカーはできず。
残念な結果となってしまいました(´・ω・`)

にほんブログ村 サッカーブログへ

ブラジルW杯 C組 コロンビアvsギリシャ

日本と同じC組の試合。

前半6分にコロンビアがあっさり先制( ゚д゚)
右サイド深くからマイナスのセンタリングが効きました。
ここからコロンビアはしっかり引いて守って、ギリシャは崩しきる場面なく前半終了。
ギリシャはゴール前のアイディア不足は否めないですね。

後半も同様の展開の中、後半13分にCKからコロンビアが追加点。
直後にギリシャも決定機ありますが惜しくもクロスバー直撃でゴールならず。
ミドルレンジからの惜しいシュートはありましたが、決めることはできず
さらに終了間際にダメ押しとなるゴールが出て3-0でコロンビア勝利。

ギリシャは完全にゲームプランが崩れてしまった試合でした。
W杯、さらにその初戦の先制点の重要性を感じる一戦となりました。
まーコロンビアは攻撃も守備もしっかりメリハリつけてやって隙がない印象。
流石ペケルマン監督なのかも。

コロンビアのゴールシーン、えぐってマイナスのクロスや低い弾道のCKなどは
ギリシャから点を取るには日本も必要になってくるでしょうね。

にほんブログ村 サッカーブログへ
最新コメント
関連サイトRSS
ブログ内検索