サッカー好きの引きこもり無職

40代引きこもり無職でただのサッカー好きです。 ガンバ大阪を中心にサッカーについて綴っていきます。

J1 #16 vs清水 前節から見違えるような素晴らしい内容

今日は19:00から中3日でホーム清水戦。
累積警告で出場停止の倉田に代わってパトリックが初先発。

前節の内容がアレだっただけに、今日の試合の入りが気になりましたが今日は悪くない。
パトリックが右サイドの裏を取ってのマイナスのクロスに宇佐美のシュートでいきなりチャンス。
これは惜しくもGKに弾かれるも、この後のCKでこぼれ球を阿部がゴール!(・∀・)
前半5分、阿部らしい良い位置取りからのゴールでした。

さらに前半9分、またパトリックが右サイドの裏を取ってのマイナスのクロスに大森がゴール!
前半、再三パトリックが裏を取って攻撃を活性化させてくれました。
前節シュート3本でしたが、今日は前半だけで12本シュート撃ちました。
相手GKの攻守に阻まれて2点しか取れなかったが残念。

2-0で折り返した後半、早く3点目を取って試合を決めたいと思ってましたが、
10分にパトリックの低空ダイビングヘッドでゴール!(・∀・)
これでノッていけるでしょうし、今日も球離れ早く周りもよく見えてた印象。
今日のような活躍ができるなら補強としては成功と言えそうですね。

最後に交代で入ったリンスが二川のヒールパスからゴールして4-0で勝利。
リンスもいい刺激になってるのかな。佐藤もチャンスあったんだから決めないと。

これで連勝で勝点は21。残留争いは少し余裕が出たし、得失点差は+1に(´∀`)
今日の内容は非常に良かったので、これをさらに良くしていきたいですね。

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ

J1 #15 vs甲府 今は勝点3以上の贅沢は言えない

今日は19:00からJ再開初戦となるホーム甲府戦。
直前に降った雨で蒸し暑そうなコンディション。
倉田と宇佐美の2トップで、新加入のパトリックはベンチ入り。

開始早い時間に点を取って楽に試合を進めたいと思っていたら宇佐美がやってくれました。
9分にDFに囲まれながらもその合間を縫うようなループ気味のシュートでゴール!(・∀・) 

これで楽になってリトリート気味でカウンターを狙う展開。
26分に宇佐美のパスを受けた倉田が反転即シュートでゴール!(・∀・) 
これも素晴らしいゴールでした。

もう一つのチャンスはカウンターから倉田とのワンツーでゴール前まで持ち上がった
宇佐美のシュート。これは惜しくもGK正面。結局前半のシュートは2ゴールと合わせて3本。
効率はいいですが、物足りなさを感じる。

後半はゲームをコントロールして足が止まってきたところをとどめを刺せれば…と
思っていたのですが全然甘かったですね。後半全くパス繋がらない、チャンスも作り出せない。
宇佐美→パトリックの交代でハイボール競った落としからの攻撃の形が少し出ましたが
シュートチャンスにまでは行かず。結局後半シュートゼロ('A`)

守備自体はハイボール対応が安定していたので完封することができましたが、
攻撃がお粗末過ぎます。特に後半。こんな試合してたのでは夏場が怖い。
勝点18となり13位まで順位を上げたことが収穫です。今は贅沢言えません。

倉田と宇佐美のコンビネーションが良さそうなのが救いですが、水曜は倉田が累積警告で
出場停止となります。前線の運動量や裏を狙う動きがないと攻撃がさっぱりになりそう。

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ

ブラジルW杯 決勝 ドイツvsアルゼンチン

決勝 ドイツvsアルゼンチン

予想通りドイツのポゼッション率が高く、高いラインの裏を狙うアルゼンチン
というお互いの狙いが序盤からはっきりわかる展開。アルゼンチンはドリブルもうまく使って、
メッシが右サイドをドリブルで突破してえぐるシーンを作るも得点できず。

ドイツの前半最大のチャンスはATにCKでポストを叩いたシーン。
お互いシュートは少なかったものの、いいところも出し合って0-0で前半終了。

後半立ち上がりスルーパスを受けたメッシに絶好のチャンス。
しかしシュートはわずかに枠の外。メッシはこれを決めないと…('A`)
後半序盤はラベッシ→アグエロでシステム変更もしたアルゼンチンペースも
徐々にドイツが対応してペースを取り戻す。

時間が経つにつれゴール前のシーンが増えるものの、お互い守備の集中は切れず
ゴール前で粘り強く守って得点はなし。0-0のまま延長戦へ。

延長開始早々のドイツの決定機はGKロメロがストップ。
そのボールをそのままアルゼンチンがカウンターに持ち込むゴール前からゴール前の展開。
アルゼンチンはパラシオが決定機を迎えるも決められず。

延長後半8分に左サイドを突破したシュルレのクロスをゲッツェが胸トラップから
ボレーを叩き込んでゴール!(・∀・) ここで素晴らしいゴールが生まれました。
しかしゲッツェに対しての祝福が荒っぽいw

延長に入ってドイツのCB 2人に疲れが見えるからメッシがいい形で持てばと思うが
メッシにいい形でボールは入らず。延長後半ATにやっと中央で前向いてドリブルした
ところでファウルを奪って得たFKがラストチャンス。これを決めることはできず、試合終了。

ドイツが6大会ぶり優勝。チームとして文句のない強さがありました。
アルゼンチンもチャンスあって惜しかったですが、GKノイアーの存在が大きかったのかも。

にほんブログ村 サッカーブログへ
最新コメント
関連サイトRSS
ブログ内検索