サッカー好きの引きこもり無職

40代引きこもり無職でただのサッカー好きです。 ガンバ大阪を中心にサッカーについて綴っていきます。

ブラジルW杯 E組 スイスvsエクアドル

この試合は途中と最後だけ観ました(ガンダムUCを観ていた)。

エクアドルのCKからの先制ゴールは観ました。
その後、残り10分のところで観たら1-1になってた。
スイスもCKからのゴールで追いついていたみたいですね。

終盤はやはりスペース空きまくり。昼間の試合だから暑そうです。
終了間際に決定機が1つずつ。エクアドルはセンタリングをゴール正面で
受けた選手がトラップでちょっとミスって手間取ってシュート撃てず。
一方スイスはニアに飛び込んだ選手が決めて決勝ゴール。

決定力重要ですねぇ( ´_ゝ`)
しかしこの試合もスイスの逆転勝ち。また逆転の試合ですか。
すんなりいかない分面白いですが、目が離せません。

にほんブログ村 サッカーブログへ

ブラジルW杯 D組 ウルグアイvsコスタリカ

BSでの夜の録画放送を観ました。

前半は適当に観てたのであまり印象はないのですが
ウルグアイがPKで先制して慎重に試合を進めていた印象。
まぁ順当にウルグアイが勝つのかな、と。
ちなみに、昨年W杯組合せが決まった時点でのブックメーカでの
コスタリカのGL突破オッズは13倍でした。他3カ国が強すぎるんでしょうね。

しかし後半9分にゴールラインギリギリのボールに追いついて送ったクロスを
後ろで待っていた選手が豪快に蹴りこんでコスタリカが追いつく。
さらにその3分後にセットプレーから逆転ゴール!
今大会はここまで逆転の試合が多いですねぇ。暑さや雨のせいもあるのかな?

コスタリカはめちゃくちゃ良かったとも思いませんし、データ的にも圧倒してないのですが
一瞬のスピードで作ったチャンスをしっかり決めた印象です。 

ウルグアイは終了間際に退場者も出して踏んだり蹴ったりですね。
スアレス出さすじまいでしたが次の試合どうするでしょうか。

にほんブログ村 サッカーブログへ

ブラジルW杯 D組 イングランドvsイタリア

序盤のもう一つの好カード。
イングランドは若い選手使ってきました。

前半35分にイタリア先制、糸をひくようなミドル美しい。
しかしやられたらやり返す、すぐにイングランドが追いつく。
左サイド抜けだしたルーニーのクロスの精度が高かった。

1-1で折り返した後半開始すぐにバロテッリの豪快に叩きつけるヘッドで
イタリアが再びリードして優位に試合を運べるように。
後半途中からイングランドは足がつる選手が増えて苦しそうでした。
コンディション厳しいんでしょうねぇ。リードされてると余計つらい。
結局イングランドは追いつけず試合終了。 

D組のウルグアイvsコスタリカはコスタリカが勝ったようで、
D組も混沌としてきました。

にほんブログ村 サッカーブログへ
最新コメント
関連サイトRSS
ブログ内検索