サッカー好きの引きこもり無職

40代引きこもり無職でただのサッカー好きです。 ガンバ大阪を中心にサッカーについて綴っていきます。

#ルヴァンカップ QF 2nd-leg vs神戸 4年連続ベスト4進出! #ガンバ大阪

2017YBCルヴァンカップ準々決勝神戸戦の第2戦はホームでの試合。
第1戦は0-0の引き分けなのでアウェイゴール取られての引き分けの場合は
神戸の準決勝進出となってしまいます。

序盤いきなり左サイドを崩して藤春がゴール前にクロスをいれるも長沢合わず。
前半は何度かサイドを崩してチャンスを作りましたが中に人がいなかったり
合わなかったりして決められず。

前半20分くらいから神戸の時間帯になりますが、怖いシーンは多くなく
神戸も攻撃がうまく回ってなかった印象です。

結局前半は0-0で後半へ。後半は開始早々に試合が動きました。
後半キックオフからのボールを泉澤がCK獲得。このCKを長沢がGKの前で
頭で合わせて先制ゴール!(・∀・)



いい形で先制しましたが、神戸としては1-1でもいいので試合が動きます。
追加点が欲しい展開で後半19分、攻撃でボールを失ったとこですぐに奪い返して
オ・ジェソクからのクロス、アデミウソンから交代で入ったファン・ウィジョがゴール前で
触れなかったもののファーに詰めてた泉澤がゴール!(・∀・)



今日の泉澤は本当にいい動きで何度もチャンスを作っていたし、いいゴールでした。
藤春とのコンビネーションでも崩したりともっと使って欲しいですね。

神戸はニウトンが怪我で後半開始から交代しましたが、中盤で厄介な存在に
なっていただけにガンバとしては後半楽になった要因の一つだったかも。

試合はこのまま守りきって2-0で試合終了。4年連続ベスト4進出となりました。
準決勝の相手は大阪ダービーとなりました。また移動がなくて良いかな(;´∀`)

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ

#ルヴァンカップ QF 1st-leg vs神戸 #ガンバ大阪

2017YBCルヴァンカップノックアウトステージがスタート。
準々決勝の相手は神戸との第1戦はアウェイでの試合は8/30でしたが
スカパー!の契約を9月からにしたのでやっとオンデマンドで観ました。

まぁ結果は知った上で観たわけですが、注目はスタメンの米倉、泉澤、市丸です。

序盤、サイドのスペースで受けたファン・ウィジョが走り込んでくる米倉にクロス
惜しくもGK正面というシーンがありました。鳥栖戦の3点目を思い出すウィジョのプレー。
こういう形はもっと狙って欲しいですね。

左サイドでは泉澤と藤春で崩してクロスを入れるシーンもあり、これも悪くない。
米倉と泉澤はSHでもっと使ってもいいんじゃないのかなぁ。

市丸もいいパスでチャンスを作ったり、セットプレーのキッカーで惜しいシーンもありましたが
代表戦で井手口のあのパフォーマンスを観た後だと普通に見えてしまいます(´・ω・`)
運動量的には藤春がスゴすぎてワロタ。

米倉は前半で下がって長沢投入して後半からファン・ウィジョと長沢の2トップ。
後半はSBが深いとこまで侵入してのクロスが増えますが、中で合わず。
後半は倉田が決定機を2つ作りましたが惜しくもゴールならず。

神戸の注目は何と言ってもポドルスキーでしたが、前向いてプレーさせると怖いものの
今野と市丸で常にケアしていましたし、ミドルは全員で身体張って守りました。

結局試合は0-0で終了。できればアウェイゴールを奪っておきたかったですが
最低限の結果ですね。2nd-leg勝つのみ!

スカパー!の契約を9月1日にしたので、9月分は無料で10月まで観れます。
9月には天皇杯のRound16の放送もあるし、ルヴァンカップと両方勝ち抜けば
10月の試合も楽しめます。ぜひ勝ち抜けて欲しい。

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ

ロシアW杯アジア最終予選 #9 日本vsオーストラリア

ロシアW杯アジア最終予選第9戦はホームでオーストラリアと。
勝てばロシアW杯出場決定になります。

中盤は長谷部・山口・井手口の3ボランチのような形で長谷部がアンカー?
ウイングは左・乾、右・浅野という起用になりました。

序盤から主導権を握ろうと前からプレスをかけますが、オーストラリアもそこは慌てず。
徐々に試合は落ち着いていきました。日本はCKをたくさん獲得して、それを蹴るのは井手口。
FKも井手口が全て蹴って、ショートコーナーあり、ニアもファーも狙って惜しいシーンを
何度も見せましたが得点には至らず。

お互い守備に集中して慎重さもみられるのでこのまま0-0で折り返すかと思いましたが
前半41分、左サイド長友のクロスにオーストラリアDFは大迫の動きに釣られ
その後ろから入ってきた浅野がドフリーで合わせてゴール!(・∀・)

いい時間帯に得点を奪って折り返しとなりました。

後半はオーストラリアが攻める時間が徐々に増えていきました。
選手交代で攻撃の選手を入れ、特に後半25分にケーヒルを入れてさらに攻勢に。
ただ全員集中してよく守りきりました。

追加点が欲しいものの、カウンターからのチャンスが何度かありましたが決めきれず。
このままでは最後何が起きるかわからないと思っていたら後半38分、カウンターから
交代で入った原口が粘って繋いだボールボールを井手口がドリブルでゴール前に。

そして右足を振り抜いてゴール右隅に突き刺さるファインゴール!(・∀・)
代表初ゴールをこれまた最高の時間帯で決めて試合はほぼ決めてくれました。

このまま試合は2-0で終わり、勝利で6大会連続のW杯出場決定。
最終予選敗戦スタートからよく盛り返したと思います。

22歳の浅野と21歳の井手口を起用して2人がゴールするというのは世代交代を
感じさせてくれる内容でした。ただ右サイドの連携が悪かったり、長谷部が狙われたり
課題もたくさんありましたねぇ。

今日のMoMは井手口だと思いますが、井手口の課題はインタビューかな(;´∀`)

にほんブログ村 サッカーブログへ
最新コメント
関連サイトRSS
ブログ内検索