豊田スタジアムでのホンジュラスとの親善試合。
ホンジュラスは『パイナップルアーミー』のイメージしかない(´∀`;)

アギーレ監督の明言通り遠藤が先発。アンカーは長谷部。
武藤以外はブラジルW杯代表メンバーという新鮮味は少ない面子。

まぁ流石にホームで勝てるだろうという相手で、序盤から日本ペース。
そして前半9分にCKからGKの弾いたボールを吉田が押し込んで先制。

その後は攻めながら決定機を作れない時間が続きますが、
後半41分にプレスからうまくショートカウンターになって
抜け出しだ本田が冷静に決めて2点目。
こうなると日本のペースで、3点目は遠藤がゴラッソミドル(・∀・)

後半、武藤に代わって乾投入。その乾が後半3分に追加点。
これは見事な崩しでした。さらに岡崎の交代で入った豊田のゴールも
飛び出して5-0、さらに乾が2点目で6-0で終了。

今日は相手のモチベーションが低かった。でも今までが酷すぎたとも言えるかな。
アジア杯を勝ち抜く上でFK,CKを蹴るプレースキッカーは重要ですが
直接狙う時の本田以外は遠藤しかいない状況かも。
中村俊輔、中村憲剛、遠藤とキッカーが揃っていた時代が懐かしい。

ポスト遠藤の中盤での捌き役は柴崎や他の選手も期待できますが
プレースキッカーという意味ではまだ見つかってないかも。
アジア杯は遠藤が出ずっぱりになるのかなぁ?(´・ω・`)

今の遠藤を超える選手が出て来ることがロシアW杯には必要なのですが。

にほんブログ村 サッカーブログへ