クラブワールドカップ決勝 レアル・マドリード対サンロレンソ

元々守備の強いサンロレンソが予想通り守備で集中して
ボール支配されるも耐えながらチャンスを伺う展開。

前半0-0で折り返せればチャンスあるかな、と思いましたが
前半36分にCKからセルヒオラモスがヘッドで押し込んで先制。
固い守備をセットプレーでこじ開けられるのは強いなぁ。

1-0で折り返した後半6分にベイルが追加点を奪って2-0。
その後ピンチもあったものの試合はコントロールして
そのまま2-0で試合終了。

レアル・マドリードは公式戦22連勝ですか。
この試合先発のハメス・ロドリゲスも怪我の影響かイマイチでしたが
それでもチームは余裕がありましたねぇ。

一方、3位決定戦ではPK戦の末オークランドシティが勝利。
アマチュアが世界3位(いやCWC3位です)とは凄いですね。
おめでとうございます。

にほんブログ村 サッカーブログへ