実質GL突破1位をかけた勝負と言ってもいいイラク戦。
先発はパレスチナ戦と同じ。

序盤から日本は激しくプレスして主導権を握る。
そこでチャンスを作るものの、本田のヘッドはポストを叩く。
さらに左サイド遠藤からのスルーパスを受けた乾が香川へクロス、
そのままダイレクトでシュートはGKに阻まれるも、そのこぼれ球を
受けた本田がファウルを受けPKゲット。本田がそのまま決め先制。

その後も日本は攻めるも本田のシュートがクロスバー直撃など
決定力不足を感じつつ前半終了。

後半も日本がキープする時間が長くなるも、ゴール前でのわずかな
トラップミスやパスミスでゴールには繋がらず。本田の今日3度目の
ポスト直撃もあり、点が入らない日はこんなもんですかねぇ。

乾→清武、遠藤→今野と2枚替えしてからは相手の出方を伺いつつ
キープする時間も増え、主導権は握りつつ1-0で試合終了。

守備面ではほぼ完璧と言ってもいいですが、決定力に不安が残りました。
岡崎も本田もイマイチですねぇ。

終了後には遠藤の代表150試合出場で胴上げが行われてました(´∀`)
おめでとうございます。しばらく抜かれることはなさそうです。
今日も一番パスの質が高かったのは遠藤ですからねぇ…

にほんブログ村 サッカーブログへ