今日は19:30からアウェイ城南FC戦。
ゼロックス杯から先発6人を入れ替え小椋が先発、宇佐美はベンチ。
岩下は怪我があるのかベンチにも入らず、CBには金正也。

序盤から城南ペース。結構雨が強くガンバのパスは中々繋がらない。
前半早々に小椋がPKを与えて城南が先制。これはいただけない。

相手は引いて中央の人数が増えるので益々シュートまで行けない展開で
チャンスらしいチャンスもなく前半終了。広州富力戦と同じ展開だなぁ(´・ω・`)

後半から小椋に代えて明神投入。ここからパスのテンポが上がりチャンスが
増えてくる。一番の決定機は左サイドのクロスから中央でパトリックが落とした所を
阿部がミドル。これは惜しくもGK正面でキャッチされる。

後半開始から15分くらいは完全にガンバペースでこの時間帯に同点にしたい
展開だがこれをものにできず、逆に後半23分に城南に追加点を奪われる。

この後、阿部と米倉に代えて宇佐美と藤春を投入し攻勢に出るも相手のゴール前は
固くこじあけられずタイムアップ。ACLのGL突破が非常に厳しくなる2敗目となりました。

うまくいっていたゼロックス杯からここまで変える必要があったのか。
むしろゼロックス杯の方を試したい選手や戦術のテストに使うべきではなかったか。
ACLを甘く見すぎていたのではないかと思わざるを得ない選手起用でした。

まだ敗退が決まったわけではありませんが、非常に厳しいのは間違いない。

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ