「ぬら孫」の椎橋寛、南米帰りのサッカー少年を描く読切でジャンプに
本日4月6日発売の週刊少年ジャンプ19号(集英社)には、「ぬらりひょんの孫」「ILLEGAL RARE」で知られる椎橋寛の新作読み切り「究極球舞(グランドムーブ・アルティメット)」が掲載されている。

椎橋寛氏はガンバサポでジャンプの目次コメントではガンバの話を
よく書いていることは既によく知られています。

ぬらりひょんの孫』のヒロインが家長カナだったり、ガンバの選手と同じ苗字の
キャラが何人も出てきていました。

そして今週掲載された読み切り『究極球舞(グランドムーブ・アルティメット)』では
主人公・南兵衛の幼なじみのヒロインの名前が堂安律(´∀`)

現在高校2年のガンバユースで、既にトップに混じって1月のパナソニックカップ
出場した逸材・堂安律そのまんまの名前やないかーいヾ(・∀・;)

G大阪ユースMF堂安律(新2年)_トップベンチ入りも期待される注目の16歳

今回は読み切りでしたが、人気投票次第で連載もあるのかな?
早くトップ公式戦で堂安も観たいな(・∀・)

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ