今日は14:00から満員のアウェイ浦和戦。
前節怪我をした米倉に代わり小椋が右SBで先発。

序盤から浦和がボールを持ってパスを回す時間が長い展開。
ただしっかりブロック作って守れてるのであまり怖さはない。

小椋は守備ではなんとか健闘。潰しに行く守備はうまいがたまに飛び込んで
抜かれていたのが気になりましたが、本職ではないのでよくやってた方でしょう。
最後のシーンの対応ができてれば…という悔いはありますが。

攻撃に関してはパトリックが右のスペースに流れてもケアされてるし、
その後ろが大森・小椋で連係は取れてなかった。右サイドの攻撃は迫力なく
主に左からの攻撃でチャンスを作るものの決定機は少ない。

0-0で折り返した後半も浦和が主導権を持つ時間帯が長い。
サイドから何度もクロスを入れられるも中で跳ね返して耐える。
ここで耐えてチャンスを伺えれば良かったのですが、たまにあるチャンスも
ボールが足につかなかったり。やはり連戦の疲れですかねぇ。

終盤にサイドをうまく抜けだされズラタンが押し込んで失点orz。
これが決勝点となり0-1で敗戦となりました。最小得点差ですが、浦和にとっては
ゲームプラン通りだったと思います。

これで浦和との勝ち点差は4となりましたが、1stステージ諦めることもないし
年間勝ち点はもっと先の話なので、今はACL GL最終戦に切り替えて欲しい。

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ