今日は19:00から中3日のホーム鹿島戦。ACLで延期になっていた第10節。
今野が累積出停から復帰、オ・ジェソクが怪我から復帰でベンチ入り。

序盤からお互いいい部分を見せて特にガンバの左サイド、鹿島の右サイドで
攻守が行われる展開。ゴール前のチャンスはあるものの、決定的なシュートの前に
DFが立ちはだかる。そこはお互いに粘り強い守備。

前半41分、横浜戦の得点シーンと同じ位置でのフリーキック、遠藤が蹴った
ボールも同じような高さでしたが、鹿島GKは前に出てこれをパンチング。
しかしこのパンチング大きく飛ばせずペナ内にいる今野のところで。
「咄嗟にボールが来た」のに合わせてそのままゴール!(・∀・)

1-0で折り返した後半早々の7分に宇佐美が左サイドから右にサイドチェンジ
米倉が押し返してこぼれたセカンドボールを宇佐美が拾って上手いトラップで
ペナ内に侵入したところでファウルを受けてPKゲット。これを遠藤が決めて2-0。

この後、鹿島の攻勢を受けつつゴール前粘り強く守って、カウンターのチャンスも
幾つかあったものの決めきれず。助かったシーンもあったし、3点目決めてれば
試合をもっと楽に進められました。

ATに堂安が交代出場でJ1でもデビューを果たして、そのまま2-0で試合終了。
鹿島はACLでもセットプレーの失点で試合を落としたように、今年の課題は
セットプレー守備のようですね。

今野がいる時といない時で結果が大きく違う今シーズンのガンバを象徴したゲームでした。

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ