決勝トーナメント最初の相手はA組3位のオランダ。
男子と同じスピードのあるウインガーを使うようですね。

試合の入りが良かったのはオランダかと思いましたが、今日の日本は落ち着いて
パスも回してチャンスを掴み、前半10分に左サイド宮間からのクロスを大儀見が
頭で合わせたボールはクロスバーに当たって戻り、そのこぼれ球を後ろから
詰めてきた有吉が突き刺して先制!

前回大会のメンバー中心の中、前回大会を経験してない有吉が今大会
SBでは一番目立ってますねぇ。

リードしてからはワンタッチツータッチでボールを動かるようになって
やりたいサッカーができるように。GLでの課題は改善されてますね。

1-0で折り返した後半、シュートチャンスはあるもシュートが枠に飛ばない。
前半先制してから追加点が欲しいままずっとこの調子でやばい中、
後半20分にFW大野に代えて岩渕投入。

そして後半32分に岩渕→大儀見→追い越した宮間と繋いで
ゴール前に入ってきた岩渕に再びパス、と思ったら岩渕がスルー
その後ろにいた阪口がミドルをコースに決めてゴール!
これは素晴らしい繋ぎでした。しかも攻撃に入ったパスカットも阪口。

その後澤投入でゲームコントロールを狙うもATに失点して2-1で逃げ切り。
ちょっともったいないですが決勝Tに入ってからは結果が大事。
まだまだ課題も多いもののGLよりはずっと良くなってます。

準々決勝はブラジルかと思っていたらオーストラリアが来ました。
試合間隔が2日違うのがどう出るか。

にほんブログ村 サッカーブログへ