来年のリオ五輪に向けてU-22代表の強化試合。
最終予選は来年の1月ですが、それまで強化試合が少ない。

ボランチの大島(川崎)が怪我で出遅れて、井手口が遠藤(湘南)と
コンビを組んで先発。読みでパスカットする場面が何度かありましたが
前で相手の選手に簡単に交わされてしまう場面もありまだまだ。
トラップミスで失った場面も危なっかしかった(;´∀`)

日本の得点は遠藤が最終ラインまで下がってボールを捌いて
左SBの亀川(福岡)に大きく展開。そのままボールを深く持ち込んでクロス、
それを野津田(広島)がジャンピングボレーで合わせて先制。

遠藤はこの他、ショートカウンターでスペースへのパスを何本も供給して
素晴らしい活躍でした。

前半1-0で折り返して井手口は喜田(横浜)と交代。2人のテストだったようですね。
後半も中々得点に結びつかない展開が続きますが、野津田に代わって入った
金森(福岡)が中央ドリブルからミドルを豪快に突き刺して追加点。
2-0として試合終了。

勝って良かったですが、これで来年1月に行われるAFC U-23選手権で
3位に入れるかって言うとまだまだですねぇ。もっと強化試合した方がいいですが
それが予定されてないのが心配です。

にほんブログ村 サッカーブログへ