ここから早起きして生で観ます。準決勝もメンバー変更なく同じ先発。

試合開始早々にロングボールからイングランドがポストをかすめるシュート。
その後ロングボールで一気にチャンスを作るイングランドと、細かく繋いで
ポゼッションする日本と、チームカラーがはっきりした戦いです。
イングランドはずっと昔のイングランドサッカーかな。

日本はSB有吉が裏に抜け出してボールを受けてペナ内に入ったところで
倒されてPK獲得。これを宮間が焦らすようなステップからきっちり決めて先制。
前半33分でした。

しかしこれでPKが出やすくなるもの。CKの混戦でイングランドの選手が倒れてPK献上。
これを決められて前半40分に振り出しに戻る。1-1となって前半終了。

後半15分くらいからの苦しい時間帯を耐えた日本は、後半25分に岩渕投入。
いきなり2つチャンスを作り流れを変える。

しかし流れを完全に掴みきれないまま時間は過ぎていく。イングランドは交代枠3つ
使い果たして日本はまだ交代1人のみ。完全に延長睨んでるのかと思っていたATに
まさかのドラマが。

左サイド川澄からニアに走る大儀見へのクロス、イングランドDFのクリアがオウンゴール。
ちょっとかわいそうになる結末となりました。

ずっと1点差のハラハラドキドキで決勝進出まできました。
2大会連続アメリカとの決勝。オリンピック決勝の雪辱の機会。
安藤も決勝の地・バンクーバーに来れるらしい? ぜひ歓喜の表彰台に立たせてあげて欲しい。

にほんブログ村 サッカーブログへ