昨年ナビスコカップを取ったお陰で出場できるスルガ銀行チャンピオンシップ。
対するリバープレートは先日リベルタドーレス杯に勝って現南米王者。
今年12月のクラブワールドカップへの出場を決めています。

東アジア杯の中国戦に先発した4人はベンチにも入らず。
出場しなかった倉田と藤春はベンチ入り。右サイドバックには井手口を起用。
なんとか後半勝負に持ち込みたいところ。

しかし序盤からリバープレートペース。ゴール前波状攻撃で連続シュートを撃たれ
その後の浮き球で井手口が足からいって交錯してこれがファウルでPK献上。
落ち着く前にもったいない。このPKで前半7分に失点。

まーリバープレート上手いですね。詰まったら簡単にサイドチェンジするし
プレスに行く所も効果的で自由にさせてもらえない。サビオラは怖いし。
サイドチェンジ禁止されてたかのような日本代表を3試合観たからなおさら。

相手のプレッシャーにボールを繋げず相手ボールになる展開が続き
そこで取られたCKから追加点を奪われ0-2。

たまらず前半のうちに金正也に代え倉田投入。CBは岩下と今野で
パトリンスの2トップに変更。倉田は前半最後のプレーで見せ場を作りましたが
クロスは僅かにパトに合わず0-2で前半終了。

後半頭から明神に代え藤春投入。井手口・遠藤のダブルボランチに変更。
さらに大森に代えて二川も投入。しかしカウンターから3点目を奪われる。

0-3となってリバープレートも運動量が落ちてきて決定機も幾つか作るものの
最後GKに阻まれ得点ならず。赤嶺に得点欲しかったなぁ。今日のパトリックも
ハズレの日でしたけど(;´∀`)

代表勢欠いたのでこの結果を悲観的に捉える必要はありませんが、
相手のプレス受けた時のビルドアップが全く前に進まなかったりは
チーム全体としての課題がはっきり出てたと思います。

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ