ACL準々決勝第一戦・柏vs広州恒大。2013年の準決勝で対戦してますが
その時は広州恒大の外国人3人にやられて、2戦合計スコア1-8で大敗。
それだけに柏は選手もサポも気合が入ってそう。

だったのですが、前半早々5分に広州FKをクリアしそこねてオウンゴール。
柏としてはもったいない。一方柏は攻めてもシュートまで中々いけず。
サイドは使えても広州のゴール前は堅いですね。結局前半シュートゼロ。

さらに圧巻は前半40分、距離のあるFKをパウリーニョがブレ球で直接
叩き込んで広州追加点。GK菅野は一歩も動けず。

後半13分にCKから広州恒大が追加点を奪って0-3としてこのまま終わりかと
思いましたが、ATに入る直前にCKから柏が1点返して試合終了。
力の差を感じた試合でした。

フェリペ監督に代わった広州恒大は2013年の頃のように外国人頼でもなく、
チーム全体がかなりレベル高い。中国代表・韓国代表ばかりになっているし。
その中でもブラジル代表・パウリーニョは別格かも。

あー明日が怖くなってきた('A`)

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ