2018年ロシアW杯アジア2次予選E組 日本vsアフガニスタン。
アフガニスタンホームですが、代替でイランのテヘランでの開催。

TBSのアナは「完全アウェイの中、試練の中東決戦!」と煽りますが
はっきりいって眠い試合でした。相変わらずリズムは変わらない
単調な攻撃が多かった。

長時間移動、時差、標高1200mの高地、ボコボコのピッチ、といった要素も
あるのでそれほどいいサッカーできるものではありませんしねぇ。

ただ得点はしっかり、しかもいい時間帯に取れたのは良かったですね。
前半9分に香川がミドルでゴール、35分にセットプレーの流れから森重ゴール。
後半に入って序盤の香川のゴールで試合は決まり、さらに岡崎が2得点で5-0。
4点目が一番崩して取ったいいゴールだったかも。

宇佐美投入後、宇佐美→本田で6点目を取って6-0として試合終了。
6点目もいい崩しでした。

2試合ほぼ同じメンバーで試合して、連携も良くなってきてはいるのかな。
今日は左サイドがうまくつかえてました。やや左に偏ってたくらい。
リズムを変えたり左右にうまく散らすボランチが必要なのは変わりませんが。

にほんブログ村 サッカーブログへ