今月発売のフットボール批評の特集が
『どこも書かなかった! J1全18クラブの診断書』
だったので買ってしまいました。

Jの中で“ビッグクラブ”と評される浦和ですが、チーム人件費は
突出してるどころか柏・名古屋と同レベルの20億円を少し超える程度。
広島から移籍金なしで獲得してる成果ですかね( ´_ゝ`)

もう一つ面白いのは、チーム人件費と得点は無相関に近い。
チーム人件費と失点にははっきり相関が見える、ということ。
失点の方は、人件費1億円あたりの失点数が、人件費が多いクラブほど
下がって、一番いい浦和、柏、ガンバ、東京が2.0を切っています。

ちなみに、ガンバ大阪の2005年から2011年の7年間の失点は331点で
年平均にすると47.3点。仮にこの時期の平均人件費を今と同レベルの
18億円とすると、失点効率(1億円あたりの失点)は2.63になります。
これでも相関の範囲内ですが、西野監督時代だなぁと思います(;´∀`)

失点についてはGKの影響も大きいので、GK人件費のデータがあれば
面白いと思います。クラブ経営開示情報にはそこまで書いてないので
わかりませんけどね。

クラブ別診断書についてはまた別途。



にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ