【ACL】広州恒大、G大阪戦に最大9億5000万円のボーナス
 ACL準決勝でG大阪と対戦する広州恒大(中国)が、G大阪戦に勝利した場合、1ゴール差につき500万元(約9500万円)のボーナスを選手たちに分配することが29日、判明した。ボーナスの上限は5000万元(9億5000万円)。現地メディアで報道されており、この日に広州で行われた前日会見に出席したG大阪の長谷川健太監督(50)には、中国メディアから「G大阪にもそういうボーナスがありますか?」と質問が飛んだ。

サッカー選手の年俸は基本給・出場給・勝利給があり、メディアが報じる年俸と
現実には差があると言われています。全ての出場できるとも限らないし
勝てるとも限らないですからね。チームで得た賞金は選手・スタッフに
一定の分配がされると言われています。

試合によっては勝利給の上乗せをする話は残留のプロ・大宮さんで聞いたことが
あるのですが、1ゴール差につき9500万円とかちょっと異次元過ぎます。
ホームて点差を付けて勝って余裕を持って2ndレグを戦いたいのでしょう。

ガンバが勝った場合に1ゴール差につき9500万円くれないかな~(;´∀`)
中国の羽振りのいい企業がACLにどーんと賞金をだしてくれてもいいですね。
ACLの賞金はまだまだ少ないし。

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ