今日は19:00からACL準決勝第二戦のホーム広州恒大戦。
1-0か2点差以上の勝利が必要、2-1の場合のみ延長。
そしてこの大事な試合に宇佐美をベンチに置いて
なんと「あの人」二川が先発。

序盤からお互いに非常に慎重な試合運び。ガンバはポゼッションは
できるが相手を脅かすプレーはあまりない。広州恒大も引いてしっかり
守ってという狙いがあって、シュートも遠目からが多い。

前半最大のピンチは43分にこちらのミスからエウケソンがフリーでシュート、
これは東口が見事にはじき出して難を逃れ、前半は0-0で終了。
宇佐美を後半投入して勝負するとしたら、前半0-0はプランの範囲内かな?
ポゼッションは60%でガンバでした。

後半も同様の展開、そして後半15分に阿部に代え宇佐美投入。
二川残して左サイドからチャンスメークが増えました。
後半25分には左サイドをえぐった藤春からマイナスがクロスを倉田へ。
倉田のシュートはDFの阻まれゴールはならず。

宇佐美も距離のあるところからコース狙って放った2本のシュートは
どちらも僅かに枠を捉えず。

最後は長澤も投入してパワープレーに入るも得点はできず。
広州恒大も中をがっちり固めて守って相手のプランにハマったかも。

このまま0-0で試合終了。二試合合計1-2でACL2015は準決勝敗退。
広州恒大と力の差を感じることはなかったですが、このレベルの相手から
点を取る得点力は足りないかもしれない。

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ