Jリーグ、1シーズンの入場者数が初の900万人超え…J2は過去最多を記録
Jリーグは24日、今季の入場者数合計が917万8812人に上り、1シーズンで初めて900万人を突破したと発表した。

発表によると、今季のJ1?J3各試合の合計入場者数が917万8812人で初の900万人超え。前年の合計876万4301人から41万4511人増加となった。 

J3はチーム数が12→13と増えた影響もありますが、
J1,J2ともに増えたのはいいことですね。

各節平均入場者数の歴代トップ5に今年の最終節が入りましたが、
年間1位争い、3位のCS出場権争いがあったおかげかもしれません。

来年はJ3にセカンドチームが参入すればさらにチーム数が増えます。
一試合あたりの入場者数が減らない程度に入ってくれれば…

今年のガンバは一試合平均15,999人で惜しくも1,6000人に届かず。
でも前年比1,250人増、収容率では76.2%。

来年のJ1はガンバの新スタジアムが入場者数増に貢献できればいいですね。
キャパが増える分、満員試合(収容率80パーセント以上)は減るかも。
CSがある分、CSが満員になるチャンスになるのかな。

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ