今日は14:00からJリーグチャンピオンシップ準決勝アウェイ浦和戦。
倉田はベンチで予想通り宇佐美がトップ下。

お互い堅い試合運びで五分五分の前半。決定機と呼べるものはなかったかな。
浦和は右サイド(ガンバの左サイド)を狙ってましたが、藤春が関根にスピードで
負けることはなく、CKは取られたもののえぐられることはなし。
浦和のCKはズラタンがいたらもっと怖かったんでしょうね。

0-0で折り返した後半、いきなりのビッグチャンス。
プレスから大森が右サイドボール奪って中にパス、受けた今野がそれをきっちり
決めて貴重な先制ゴール!(・∀・)

しかしここから反攻に出る浦和を受けてしまった。後半は両サイドとも攻められ
藤春とオ・ジェソクがふんばる。オ・ジェソクの守備が良かったですね。
そしてなんと言っても東口。得点直後のピンチをビッグセーブで防いだ他、
後半意向は再三のピンチを防いでくれました。

浦和はズラタン投入、ガンバは宇佐美を下げ倉田投入。
宇佐美を下げた直後の浦和CKからクロスバー叩いたあとズラタンが押し込み。
ズラタンいるとセットプレーが怖いんだよなぁ。これで1-1の同点。
その後も浦和の決定的チャンスがあったものの、東口が防いで延長へ。

延長前半はまだ浦和の勢いがあったものの、徐々に疲労が見え始め
お互い消耗戦な様相。このままPK戦も?と思い始めた後半12分に
信じられないことが起こりました。

「あ…ありのまま 今 起こった事を話すぜ!
 丹羽がミスってあわやオウンゴールというバックパスしたんだ。
 東口がわずかに足で触ってポストに当たってオウンゴールを免れたよ。
 そこから東口がパスを出したら前線までボールが繋がって、
 藤春の右足ボレーで決勝ゴールが生まれたんだ。
 笑いすぎてどうにかなりそうだった…」
jp embedded

サッカーは何が起こるかわからねー(;´∀`)
去年のカウンターからの佐藤ゴールもちょっと思い出しました。
藤春バースデーゴールおめでとう!

最後にセットプレーからパトリックが追加点奪って3-1で試合終了。
CS決勝進出を決めるとともに、ACLストレートイン決定。

延長戦って、次水曜に中3日・中2日で広島戦は厳しいですが、
失うものは何もないので頑張ってほしいです。

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ