クラブワールドカップ2015の準々決勝、クラブ・アメリカ(メキシコ)vs広州恒大(中国)。
勝ったほうがバルセロナとの対戦です。CWCは外国人枠がないので、
広州恒大はブラジル人4人とも使ってきました。

序盤から攻守の切り替えが早くてめまぐるしい展開。クラブ・アメリカは
上手いですねぇ。31番のキンテロが目立っていました。
広州も頑張ってましたが、細かいミスが多くてチャンス潰してしまう。

非常に早い展開で前半0-0で折り返し。後半からクラブ・アメリカの攻勢で
主に右サイドを崩して連続して決定機。時間の問題かと思っていたところで
右サイドのクロスから先制ゴール。後半10分。

この後もクラブ・アメリカ優勢で試合は進んでいきますが、追加点は奪えず。
でも広州恒大も疲れが見えるのでこのまま終わるかと思った後半35分、
カウンターからパウリーニョが左サイドを駆け上がりクロス、FWが落として
後ろからのシュートがゴール。これで同点。

ここからは広州恒大も押せ押せになって一進一退。ATに得たCKから
パウリーニョが逆転ゴールを叩き込んで広州恒大が逆転勝ち。
後半途中まではクラブ・アメリカ優勢だっただけに驚きです。
でも広州恒大は前の選手の交代が当たってました。試合は面白かったですね。

広州恒大からサポーター3000人?が招待されて来日していて、
明日以降は京都観光と東京での爆買いを楽しむそうです(;´∀`)
準決勝のバルセロナ戦を観てから帰るのかな?

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ