リオ五輪予選を兼ねたAFC U-23選手権2016。
決勝の相手は韓国。予選から34戦無敗らしいですね。

試合はお互いコンパクトに狭いエリアでの潰し合いが多く中々繋げない。
中盤ワンタッチでプレスをかいくぐるのは韓国の方が上手いかなぁ。
お互いシュートまではいけない中、韓国が前半20分にクロスを折り返し
中央でボレーを決め失点。ゴール前フリーにしてしまってましたねぇ。

この後も低調なまま1-0で折り返し。シュートは日本2本、韓国3本?

後半から原川投入して4-3-3の形で中盤強化?
しかし後半開始早々には韓国に綺麗に崩され失点。
この後も繋ぎでミスが多く効果的な攻撃に繋げられないまま。

後半15分に浅野投入。攻撃への意識が強まったと思います。
後半22分に矢島からのパスを浅野が流し込みゴール!

2-1となって韓国が動揺したのか、足が止まり始めたのか、
直後に左サイドのクロスから矢島がヘッドで同点ゴール!

こうなると完全に流れは日本でしたねぇ。後半36分に浅野が抜け出し
大逆転となるゴール! このまま3-2で逃げ切り優勝!

後半22分に得点するまでの日本代表の内容は本当に最低レベル。
それががらっと変わるのですからサッカーの怖さと面白さを感じる試合でした。
いい経験ができましたが、課題も一杯ですね。

にほんブログ村 サッカーブログへ