AFC U-23選手権2016はリオ五輪出場権を獲得するとともに
優勝という最高の結果で終わりました。

手倉森監督の評価は当然上がり、「谷間」を「黄金」に変えたなどと
日刊スポーツが書いてますがそこまで喜べる内容だったかというと
全く疑問ですね。結果は最高なんですけど。

今回の大会を通して見ると、守備に関しては良かったと思います。
特に良かったのが右SB室屋ですね。GK櫛引は清水でのプレーは
不安定さを感じましたが今回はファインセーブ連発。ピンチを何度も
救ってくれました。

中盤はビルドアップができる人材がいませんね。ボランチのパスミスで
ピンチになる場面も数多く見られました。アジアでは致命傷にならなくても
本大会では致命傷になります。

浅野をエースとしてあのスピードを生かすサッカーをメインで考えるとしたら
中盤の底から裏への正確なパスを出せる選手が欲しい。浅野とのコンビで
言えば広島の青山になるのかな。

そもそもロンドンみたいに守ってカウンター中心の戦い方がいいのかどうか。
手倉森監督にはそこまで引き出しがないのでそうなるのかなぁ。
もしそうだとしても、一発で局面を変えられるパサーが欲しいので
オーバーエイジ含め再考して欲しいと思いました。

いっそ2トップを永井(OA)と浅野にして2人に追わせまくるとか?(;´∀`)

にほんブログ村 サッカーブログへ