待ちに待った新スタジアム「市立吹田サッカースタジアム」のこけら落としとなる
Panasonic Cup が行われました。

先発には新戦力のアデミウソンと藤本。そして右SBにルーキー初瀬!
DFライン怪我人多くて心配ですね…(´・ω・`)

さて試合は序盤はスローな展開。DFラインに初瀬が入っていることもあるし
前の選手と後ろの選手の呼吸もイマイチ。自陣でボール回してる時間が長かった。
アデミウソンと藤本は二人とも基本技術があってテンポを悪くしなくていいですね。
コンビネーションはまだまだこれからです。

15分過ぎたあたりから徐々に動きは出始め、得点はカウンターから。
アデミウソンが左サイドを一人で持ち上がり、グランダーでDFとGKの間にクロス。
これをパトリックが合わせてゴール!(・∀・) かと思いましたが、オウンゴールでした。

ガンバ大阪の選手の新スタ初ゴールは、FKから。藤本のFKを今野が頭で合わせて
追加点となるゴール!(・∀・) 藤本の左足FKは大きな武器になりそう。

リードしてから前半は余裕もってゲームコントロールできてましたね。
初瀬も落ち着いて試合に入れてた感じ。課題も一杯でしたけど。

2-0で折り返した後半は名古屋がアグレッシブな試合の入り。
そして後半開始早々いきなり失点orz 

ここからしばらく名古屋の攻勢に耐える時間。ですがまぁこれも今まで見慣れた光景。
またペースを取り戻して、アデミウソンと宇佐美のコンビネーションからチャンスも。
アデミウソンは上手いしテンポも合いますねぇ。

そして後半21分に宇佐美のCKから丹羽が合わせて3-1と引き離すゴール!(・∀・)
そういや今日は遠藤はセットプレーほとんど蹴ってない。それでもセットプレーから
2得点できるのは強みと言っていいでしょう。

新戦力では呉屋も出場。名古屋では明神も最後に出場してくれました。
観客数は3万5千人超えで、試合は3-1のまま終了。

PSMとして見ると、攻撃陣は競争激しく攻撃の幅も広がってかなりプラス。
怪我人多いDFラインを考えると序盤は心配が一杯です…(´・ω・`)
今日はガンバが良かったというより名古屋が悪かった試合ですしね。

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ