今日は19:00からACL2016の2戦目、ホームメルボルンV戦。
パトリック・宇佐美の2トップできました。

試合開始からプレスをかけてくるメルボルンVに対し、ビルドアップが
思ったようにできず。特に左サイドが金正也・藤春だと厳しいですねぇ。
その藤春のバックパスを東口が足を滑らせて蹴り出せずCKに。

このCKからゴール前の混戦になり倉田に当たったボールがコロコロと
ゴールに転がり失点。公式発表はオウンゴール。もったいない失点となりました。

この後も前半はビルドアップが思うように出来ず。サイドチェンジからチャンスを
作るも決定機は作れないまま1点ビハインドで前半終了。

しかし後半は序盤を凌ぐとガンバのペースに。決定機を作れるようになって
藤春のクロスからニアで宇佐美が合わせたシュートは惜しくもGKセーブ。
そこで得たCKから宇佐美がクロス、フォアでどフリーの遠藤に合わせ、
遠藤がなんとも珍しいダイビングヘッドで同点ゴール!(・∀・) 後半12分。

ガンバの選手としての新スタ公式戦初ゴールはキャプテン・遠藤でした。

ここからさらに攻め立てるも、パトのシュートはGK正面だったり、
決定機があるも決めきれず。このまま1-1で試合終了。

勝点3が欲しい試合で残念ながら勝点1。
後半のシュート数は9-0と圧倒していただけに勝ちきらないといけない試合でした。

G組のもう1試合は上海上港が水原に勝利。混戦模様なのでまだまだこの先
気を抜けないし、いくらでも自力で上に浮上できます。

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ