モウリーニョ、マンチェスター・ユナイテッド監督就任が正式決定
マンチェスター・ユナイテッドは27日、ジョゼ・モウリーニョ氏(53)を新監督に迎えたことを発表した。契約は2019年までの3年間となっている。さらに1年の契約延長オプションがついた。

モウリーニョと言えば思い出すのが2008年12月の発言
一方で、欧州ではインテル(イタリア)を率いるモウリーニョがドログバの移籍問題に絡んで「私がインテルの監督であろうと『ガンバ大阪』の監督であろうと、レッドブル・ニューヨークの監督であろうと…」などとその名を引き合いに出す。

これはクラブワールドカップ2008の直後の会見での発言です。
準決勝のマンチェスターU対ガンバ大阪の試合を観ていて印象に
残っていたということでしょうね。

ガンバの監督に就任はあり得ない話ですが、まさかマンチェスターUの
監督に就任する日がくるとは。

マンチェスターUもファーガソン監督の退任以降は成績が振るいません。
モイーズはまぁしょうがないと思いましたが、ファン・ハール監督でも良い結果を
出せないとは。

モウリーニョへの期待も高まるというものですが、果たしてどうなるやら。
モウリーニョ率いるマンチェスターUとまたCWCで対戦してみたいものです(`・ω・´)

もちろんガンバの監督してくれてもええんやで(無理です)

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ