今回は4カ国のトーナメント形式で行われるキリンカップサッカー2016。
準決勝の相手はブルガリア。

試合の開始から日本の動きが良くペースを握る。
すぐに前半4分、柏木から岡崎へのパスをヘッドで決めあっさり先制。

そのままの勢いで前半27分には柏木から早いタイミングで長友に展開。
フリーで受けた長友のクロスに香川がヘッドで合わせて追加点。
左サイドへの早い展開が課題でしたが、柏木がいるとクリアできますねぇ。

さらに前半35分に香川、38分に吉田が追加点を奪い4-0で前半終了。
前半終了間際に香川が怪我で宇佐美と交代しました。

後半はブルガリアも息を吹き返し互角の入り。
しかし後半8分に右サイドのクロスに中央で吉田が合わせ5点目。
さらに後半12分には右サイドのクロスが抜けてきたところに宇佐美が
胸トラップからシュートで6点目。いいリハビリになりましたかねぇ( ´_ゝ`)

その後、ブルガリアに2得点を許すいただけない展開になりましたが
浅野が自らもらったPKを決めて7点目。

かなり大味な試合でしたが、序盤から出来は非常に良かったと思います。
ブルガリアが悪かったとも言えますが。

選手インタビューでは中山ゴンが長友に「アモーレ」と弄っててワロタ。
吹田スタジアムのVIPルームにも来るかな? 流石にもう来ないか(´・ω・`)

にほんブログ村 サッカーブログへ