リオ五輪日本代表の壮行試合と最終選考を兼ねた試合。
井手口が大島とのダブルボランチで先発でした。

序盤は南アフリカの攻守の切り替えが早く、面白い試合でした。
南アフリカは上手さと早さありましたし、いきなり左サイドぶち抜かれて
クロス入れられるなどピンチがありました。

前半の失点は左SB亀川がロングボールの処理でハンドを取られPKで失点。
もったいないですねぇ。左SBは藤春もいるので亀川は厳しいかも。

ただここからの日本の攻撃が良かった。中央から大島がうまく抜け出し、
GKを引きつけて中島にパスを出して同点ゴール。
さらに中島が大きく展開したところから、矢島が右SB室屋に出して
リターンをもらった矢島が逆転ゴール。

この2点は本当にいい崩しでした。右SB室屋は怪我から間に合って良かった。
前半3点目、後半の4点目は相手のミスからで、その後は相手もペース落ちて
お互い低調な内容。このまま4-1で試合は終わりました。

今日先発の何人かは当確かな、という活躍を見せましたが
井手口含め何人かは当落線上ですねぇ。井手口は大島が前に出ることもあって
かなり控え目なポジションで目立つことは少なかったですねぇ。

OA3人の他、残りはこの中から15人。誰が選ばれるかわかりませんね。

にほんブログ村 サッカーブログへ