来年元日の天皇杯決勝、吹田スタジアムで開催!関西圏での開催は52大会ぶり
来年1月1日に行われる第96回天皇杯全日本サッカー選手権大会の決勝が大阪の市立吹田サッカースタジアムで行われることが14日、日本サッカー協会理事会で承認された。

天皇杯の決勝が大阪で開催されるのは、1960年度の第40回大会の靱サッカー場(大阪市)以来。関西圏での決勝は神戸市の王子運動場で行われた1964年度の第44回大会以来となる。
吹田スタジアム

国立競技場での決勝が長く続き、国立が解体で使用できなくなってからも
首都圏で決勝が行われていたので首都圏以外ありえないと思われてるかも
しれませんが、過去には関西での開催もあったので決まってるわけでもなく。
関東住みで毎年決勝を楽しみにしてる人には申し訳ないか(;´∀`)

元日から高円宮久子さまに大阪まで来ていただくのは大変恐縮ですが、
ここはひとつ新スタジアムのVIPルームでツネ様の解説でも聞いて
楽しんでいただくということで(´∀`)

準決勝のうち1試合は関東(決勝と同じスタジアムも多い)、1試合は関東以外が
恒例となっていて、関東以外の方はエコパ、豊田、長居がよく使われてます。
準決勝のうち1試合を吹田スタの可能性もあるし、エコパor豊田の可能性も。
関東の1試合は埼玉、横国、味スタのどれかでしょうね。

心配なのは、近くにあり毎年ガンバが必勝祈願に行く伊射奈岐神社が凄い人出に
なるかもしれないことかな。もちろんエキスポシティも混雑することでしょう。

ガンバとしては3連覇のかかる天皇杯。これを新スタジアムで決めるチャンス。
その前にJリーグ3連勝が欲しいんですけど(´・ω・`)

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ