Jリーグ、大型放映権契約により中継製作費保有・動画権料を負担。コスト削減で安価な価格に
Jリーグは20日、都内で記者会見を開き、英動画配信大手パフォームグループと放映権契約締結を発表した。

契約は2017年から10年間で総額2100億円、年間で210億円にも上る大型契約だ。パフォームグループが提供するライブストリーミングサービス「DAZN(ダ・ゾーン)」で生中継される。これまでJリーグはスカパー!と契約をしていたが、従来よりも4~7倍程の規模とみられている。 

「Jリーグが、放映に関する著作権を保有」「中継製作費はJリーグが負担」
というのがびっくりしましたが、Jリーグは丸々年210億円懐に入るわけではなく
そこから中継製作費負担しないといけないわけですね。

中継のノウハウ持ってるのはスカパー!および提携して制作してる局(MBSなど)
なので、結局スカパー!に依頼するのではないかと。

DAZNは「魅力的な価格で」提供するというのが今回の発表のキモ。
現在スカパー!のJリーグMAXの視聴料は2962円/月(スカパー!基本料別途)
これより安く提供してくれるのは間違いないんでしょうね。1000円か1500円くらい?

現在ネット中継はスカパーオンデマンド(2962円/月、JリーグMAX加入者無料)が
あるのですが、こちらがどうなるのか気になります。チャンネル数の関係で
ライブ中継できない試合はスカパーオンデマンドでカバーしている体制ですから
もしこれがなくなるならスカパー!は中途半端になってしまいます。

DAZNが月1500円で、J1からJ3まで全試合カバー、なんてことだったら
多少画質やタイムラグを我慢してもDAZNにしてもいいかなぁ、と思いますね。
U-23のJ3参入でJ3観たいですし。

あーでもACLはどうなるんだろう…悩ましい('A`)

DAZNのサイトはComing soonになってるので、発表を待ちたいと思います。

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ