【リオ五輪サッカー】柳沢敦「QBK」以来の大失態!
コロンビア戦でオウンゴールを決めた藤春とは?

「藤春は大阪体育大学に進学するまでは、全国的には無名の選手で、結果も残していません。それが、同大学の独特のトレーニングで花開いた。スピードも増し、接触技術を身に付けたことで、当たり負けもしなくなった。ただ、近年は、その独特の動きを失ってしまったように見えます。守備での“らしさ”がプロ入り後から徐々になくなり、それがリオ五輪で悪い意味で顕著になってしまった。とはいえ、繊細な柳沢さんとは違って、藤春はよく言えばマイペースで、悪く言えばおおざっぱな性格なので、第3戦には切り替えられると思います」(サッカーライター)

流石サイゾーというか、誰だよこのサッカーライターとやらは(`Д´) 

大学時代当たり負けしない守備もできる選手だったのに
プロ入り後に“らしさ”が徐々になくなってしまった?
下手になったではなく「らしさがなくなった」とは便利な言い回しだなぁ。

藤春はプロ1年目から守備が上手い選手だと思ったことは一度もないがなぁ。
いやもう山口智にポジショニング修正させられまくってたし(;´∀`)
空中戦弱いから右サイドからのクロスはファーサイドに入れて藤春と競らせるのは
各チームが当たり前のようにやってくることだし。スピード勝負の守備なら強いんですが。

2011年のGAMBA TV アウォーズでやっちゃちゃ~賞を受賞してますしねぇ(´・ω・`)
ある意味、守備より攻撃という一昔前のガンバを象徴する選手かも。

しかもその攻撃は自分で仕掛けるというよりは、使われて活きる選手。
サイドバックは中盤の選手に飼われてる犬」(藤春廣輝談)ですよ!



もし大学時代に出来ていたことが出来なくなったのなら、それは大学とJ1の
差であって、徐々になくなったのではなく1年目から。今の方がまだ良くなってる。
でなければ藤春を招集したハリルホジッチ監督を馬鹿にしてるぞ。

そんな藤春を起用して手倉森監督が「守備で粘って勝負をかける」みたいな狙いを
口にしてることの方が理解できない。盛大な勘違いをしてたのかなぁ?
仙台時代に対戦してスカウティングしてればわかるはずなんだけど…(´・ω・`)

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ