AFC U-19選手権2016、準決勝の相手はバーレーンに勝ったベトナム。
U-20W杯出場権は取れてるためか、先発10人を入替えてきました。
初瀬と市丸が先発、堂安は控え。

引いてカウンターを狙ってくるベトナムに対して、ボールは回せる日本。
今大会はずーっとこんな感じですが、前半6分セットプレーから岸本が先制。
あっさり先制できて楽になりました。

さらに前半10分、ゴール前のフリーキックを初瀬が直接狙ったところ
枠に飛んたボールはGKに弾かれるものの、こぼれ球を繋いで
最後は中村がゴール。2-0でその後は余裕を持った試合運び。

ただ、前半29分のPKのチャンスで初瀬がGKに阻まれゴールならず。
ちょっと嫌な予感はありました(;´∀`) 今年はPKがダメすぎる。

3-0とするチャンスを逃し、2-0で折り返した後半ですが
6分に中村が相手クリアをブロックして自身2点目。
3-0として試合はほぼ決まりました。

その後もチャンスはいくつかあったものの、決めきれず。
敢えて言うなら、流れの中から崩しての得点が欲しかった。

市丸は途中交替で休ませ、冨安をボランチ起用するテストもできたし
ターンオーバーで休ませつつ、無失点で終えたのも素晴らしいこと。

決勝の相手はサウジアラビア。このまま無失点で優勝して欲しいですね。

にほんブログ村 サッカーブログへ