浦和vs鹿島となったCS決勝。第1戦は鹿島ホーム。

両チームとも慎重な入り方をするかと思いきや、かなりハイペースで開始。
浦和がどんどん前に来るし、鹿島もボール奪った後の切替が早い。

ただ15分くらいから落ち着いて、前半の決定機はほとんどなく進みました。
鹿島はCKのチャンスはたくさんあったものの前半シュートはゼロ。

0-0で折り返した後半、先に決定機を作ったのは鹿島。
カウンターから遠藤が右サイドでGKと1対1になりますが
西川がタイミングよく前に出てきてこれをセーブ。ここは流石でした。

一方の浦和はペナ内でボールがないところで興梠が倒されてPKゲット。
今日の主審は家本だったかー。あれでPKになるのは可哀想です。
このPKを確実に決めて浦和先制。

ここから鹿島は攻勢に出ますが、引いた浦和を崩すのは難しい。
中々シュートまで持っていけないので試合としては面白みにかけました。

終盤は鹿島がチャンスを作りましたが、得点は奪えず試合終了。
第1戦は浦和の勝利となりました。

せっかくのゴールデンタイム地上波放送なんだし、もっと派手に撃ち合う試合が
観たかったなぁと思うのは外野の勝手な言い分です(;´∀`)

でもレフェリングについてはよーく評価すべき試合でした。
審判5人制にしても主審が悪けりゃ意味がない。

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ