今日は13:00から第96回天皇杯の準々決勝横浜FM戦。
東口が足首の捻挫で欠場でGKは藤ヶ谷。

天皇杯

試合開始早々に大ピンチを迎えますが、藤ヶ谷がビッグセーブ。
この試合どうなるかと思いましたが、すぐに落ち着きました。

サイドでは齋藤学とマルティネスが厄介な存在でしたが
お互い中が固いというか、フィニッシュがイマイチというか…
今シーズン5試合目のこのカードは予想された通りの展開ですかね。
結局0-0で前半を終えて後半へ。

後半からガンバは遠藤をアンカー気味に置いた3ボランチに変更。
最初は若干ギクシャクしてるようにも見えましたが、徐々に押し込み始める。
運動量のある今野と井手口が活きる形になっていたかも
ただマリノスのゴール前は固い('A`)

逆にカウンター狙ってくるマリノス、ペナ内でキープする齋藤学の足を
金正也がひっかけてPK献上。これを決められて失点。後半19分。

直後に2人交替して攻勢に出るも、逆に天野にミドルを叩き込まれ…
あ、オフサイドとってくれましたか。ありがたや(;^ω^)

サイドからいい形は作れて、波状攻撃もできるものの、クロスの精度
落としの精度、フィニッシュの精度が足りない。マリノスの寄せも速いですねぇ。

最後のところをこじ開けたのは、エースの今ちゃんでした。
CKのこぼれ球をしっかしコースを狙ってグラウンダーで押し込んでゴール!(・∀・)
後半41分に追いつきました。

ここから一気に勝ち越そうとしますが、あと一歩足らず。
AT6分掲示で5分も過ぎ、このまま延長かと思われたところで、
マリノスのカウンターからセカンドボールを天野に再び叩き込まれ失点。

このまま1-2で試合は終了。ノータイトルで今シーズン終了となってしまいました。
FWとCBの補強の必要性をあらためて感じる試合でした。

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ