吹田スタジアムで行われた第96回天皇杯決勝。
ACLはもう決まっているので、気楽に観ました(;´∀`)

前半から川崎がボール持つ時間は長いが、鹿島も自由に回させるわけでもなく
きっちりプレスで奪う場面もありました。でもチャンスが多かったのは川崎。

でもこれをしっかり守って勝つのが鹿島なんだよな~と思っていたら、
前半35分くらいから鹿島の時間帯になり、42分にCKから鹿島先制。
前半は鹿島のゲームプラン通りの試合となってしまいました。

川崎は後半開始から三好を投入して攻勢に。そして後半9分に小林が同点ゴールを
叩き込み、試合は振り出しへ。川崎としたら一気に逆転したかったところですねぇ。
その後は時間が過ぎると鹿島が押し返すも、お互い得点はできず延長へ。

延長に入ると、延長に入る直前に交代で投入された鹿島のファブリシオが躍動。
CKのセカンドボールを繋いで、最後ファブリシオが豪快にネットを揺らして勝ち越し。
その後は川崎が猛攻をかけるも、鹿島が身体を張ってかしまって試合終了。

鹿島は結局CKからの2得点だったわけで、鹿島らしい試合運びでした。
ペドロ・ジュニオールとレオ・シルバの加入が決まっている鹿島は来シーズンも強そうです。
簡単に言うと、吹田スタジアムで鹿島に勝てる気がしない('A`)

選手加入のリリースが待ち遠しい…(´・ω・`)

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ