今シーズン最初の公式戦となるAFCチャンピオンズリーグ2017プレーオフ。
相手はマレーシアのジョホール・ダルル・タクジム。

気になるのはコンディションと新加入選手との連携。その新加入選手では
CBの先発にファビオと三浦を使ってきました。

開始からある程度ボールを持てるも、シュートまではいけない展開。
攻撃は左に偏り気味でもう少し長沢に楔を入れた攻撃も欲しかったですねぇ。

得点は前半26分、左サイドの今野のクロスからアデミウソンがヘッドでゴール!(・∀・)
いいクロスに、アデミウソンがいい入り方をしました。

先制点を取って楽になって、3分後に追加点。倉田のスルーパスを裏で受けた藤春が
グラウンダーのクロスを入れて長沢がゴール!(・∀・) 完璧な崩し。

2-0で折り返した後半、欲しかった追加点はCKから三浦がヘッドでゴール!(・∀・)
その前のCKではファビオの惜しいヘディングシュートもありましたし、
セットプレーでの2人の高さは期待ができそうです。

守備もほぼ完璧な内容で、落ち着いてボールを動かして長いフィードもできて
守備に関しては非常にいい補強ができたと言えますね。

その後、交替で泉澤と堂安を投入。泉澤は一ついいクロスを入れ、堂安も惜しいシュートを
1本放ちましたがゴールはならず。もう少し長い時間観たかったです。
試合はこのまま3-0で終了して、3年連続のACL本戦出場が決定。
攻撃で物足りない部分はドウグラス獲得すれば埋まるかな?

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ