J1、優勝なら最大18.5億円獲得! 降格クラブには救済金も
また、成績にかかわらず均等分配金としてJ1が3億5000万円、J2が1億5000万円、J3が3000万円が各クラブに振り分けられ、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)に出場するクラブへの援助として2000万円が配分される「ACLサポート」(※)も各クラブに支給される。

2017年のACL出場決めたので、2000万円の配分金決定!?

● 均等分配金:合計101億1千万円
  • J1 3億5千万円×18=63億円
  • J2 1億5千万円×22=33億円
  • J3 3千万円×17=5億1千万円
● 理念強化分配金:3年合計 27.8億

賞金を抜いた分配金で129億円になります。(U-23チームは抜いた方が良いかも?)
ACLサポートを入れれば130億円ですね。

DAZNからの放送権料は10年2100億円と言われていますが、当初3年は年156億円とも。
差し引き26億円はJリーグに入るかのような計算になります。

でも実は、DAZNが放送するための映像は、Jリーグが製作することになっています。
J1=306試合、J2=462試合、J3=272試合、合計1040試合。
1試合平均の制作費が500万円でも50億円かかる計算。1000万円なら100億円です。
J3はかなり安く抑えるのかなぁ…

無料の地上波・BS放送の権利販売はJリーグが自由にやってよくて、
それでさらなる収入が得られる目論見があるからなのかなぁ?
地方局に映像制作を委託する形で、放送権と相殺するのも一つの手かな。

DAZNの放送権料は、契約数?がある数字に達すれば10年2100億円以上になる契約に
なっていると聞いています。もちろん、Jリーグは放送権以外の収入もありますし、
露出が増えればスポンサー収入のアップも見込めるのを織り込んでいるのかもしれません。

ただ、あれだけACL獲れと言うのなら、ACL優勝した場合に別途強化分配金出すとか
考えてくれてもいいんじゃないでしょうか。

Jリーグ選手名鑑2017 J1・J2・J3

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ