AFCチャンピオンズリーグ・グループステージ初戦は、
2008年優勝を決めた思い出のハインドマーシュスタジアム。
長沢怪我で堂安先発情報もありましたが、プレーオフと同じ先発です。

試合の入りから攻撃的で良い感じ。プレーオフは攻撃が左中心でしたが
今日の試合は右からの攻撃が多く見られました。相手が左の攻撃を
ケアしようとしすぎた?

得点も右から。アデミウソンが右に展開して、オ・ジェソクが余裕をもってクロス、
これを長沢がきっちり合わせて先制ゴール!(・∀・) 前半21分。

ただ、その右サイドの守備には課題が残りました。サイドを攻略しようと
執拗に攻めてくるアデレードに対し、右サイドは深くえぐられピンチも。
東口が右足一本でセーブしてよく凌ぎましたが。

1点リードで前半終えたいと思ったATに、カウンターからアデミウソンがクロス
ゴール前合わせられずに右サイドまで流れたところに井手口がシュート!
これはDFにブロックされるものの、そのこぼれ球を今野がゴール!(・∀・)
これで2-0として折り返しました。

後半もやや受けてしまってピンチの時間が続きますが、よく耐えました。
そして後半36分、FKを三浦が合わせて相手DFに当って3点目のゴール!(・∀・)
記録はオウンゴールとなってしまったようですが、セットプレーから三浦と
ファビオで合計3つ決定機を作って1点取れました。今年は期待のポイントです。

交替は堂安、初瀬、高木とユース出身の若手を使えたのも収穫。
初瀬は本来SBですが今日は今野に代わってインサイドハーフで出場。
今日も今野・井手口の運動量がかなり多かったので、長いシーズンを考えると
交替できる選手が必要。チャンスを掴んで欲しいですね。

このまま3-0で試合を終えて2011年以来のACL初戦勝利となりました。
アウェイでの勝利は非常に大きいですね。

ACL MATCH CENTRE
のヒートマップで今野と井手口を見ると

今野
今野

井手口
井手口

井手口がサイドの守備に追われてしまったのがよくわかります。
逆に今野は左の攻撃によく絡めました。2人とも攻撃に絡めるようになると
得点ももっと増えると思います。

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ