自宅の回線をADSLからケーブルテレビ・インターネットに変更しました。
スピードテストで60Mbps以上出ています。

DAZNの配信も高画質になりました(´∀`)

そこで、「TCP Monitor Plus」というトラフィックが見れるツールを入れて
できるだけ正確なビットレートを確認してみました。
  • ADSL 標準画質・見逃し配信=2.7Mbps
  • ケーブル 高画質・見逃し配信=8.1Mbps
  • ケーブル 高画質・ライブ配信=7.2Mbps
バッファリングの影響があるのか、再エンコードでビットレートを上げたのか
そこはわかりませんが、見逃し配信の方が若干ビットレートは高い結果でした。
標準画質でも、ライブと見逃し配信では若干ビットレートが違うかもしれません。

7.2Mbpsで2時間視聴した場合に消費するデータ量は6.5GBです。
WiMAX2+回線の導入も考えたのですが、U-23の試合も観ることを考えると
ちょっと足りてないですね。他のクラブの試合も気になりますし。
(WiMAX2+は3日で10GB超えると制限がかかります)

今日はACL組の試合が組まれていて、鹿島、浦和、川崎が勝利。
横浜は齋藤がいないと攻撃の迫力不足になるのかなぁ。

明日のFC東京戦はBS1で放送もありますが、明後日にはJ3も開幕。
環境が整ったのでこれからじっくり楽しんでいきたいと思います。

新型Fire TV stick

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ