今日は19:00からホームFC東京戦。
メンバーは柏戦と全く同じで3バック継続です。

お互いにA代表、年代別代表経験のあるサイドバック、サイドアタッカーが
いるだけにサイドの攻防が鍵となるこの試合。

室屋の裏をついた遠藤のパスをアデミウソンが受け、そのままCBをぶち抜き
GKと1対1は角度がなかったもののポストに当てて吸い込まれるゴール!(・∀・)
前半22分、柏戦からキレキレのアデミウソンが決めてくれました。



その後はFC東京が最終ラインでボールの出しどころがなく回すシーンも見られ
3バックの守備がバランスよく出来てたように思います。

1-0で折り返した後半、ファビオが頭をぶつけて流血してヒヤッとしますが
お馴染みの水泳キャップをかぶって復帰。柏戦に続き、全員球際に負けず
切り替えも早いサッカーが継続できていましった。

追加点は後半7分、藤春のクロスが中央こぼれたところを倉田がシュート、
これはポストに当って中に跳ね返ると相手DFにあたってオウンゴールとなりました。
(公式は倉田のゴール?)



その後は2点リードの余裕もありカウンターをうまく狙う展開。
しかし後半31分、今野のペナルティ内のプレーがファウルを取られPK献上。
今日の判定はブレブレでしたが、最も納得のいかないシーンでした。

東口は審判への抗議をやりすぎてイエローもらいましたが、
大久保が蹴ったPKを見事にセーブ、前にこぼしたボールを大久保に詰められますが
これも再度のセーブ! 顎に大久保の膝が入ったもののプレー続行!

流れを渡さなかったことで、また攻撃も余裕をもってでき、後半39分に
カウンターからアデミウソンの右サイドからのクロスがオウンゴール。



東口は公式戦で初のPKストップ? 少なくともガンバでは初のはず。
今日は最後まで神がかってました。大久保の至近距離ヘッド、中島のミドルシュートを
どちらもスーパーセーブで防ぎ、終わってみれば3-0の完封勝利。

勝因は柏戦から引き続いて球際激しくいって勝てていたこと。
もう一つは東口が神がかって完全封鎖したこと。後者は出来過ぎですが
球際の激しさは今後も継続してもらいたいですね。

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ