今日は14:00からJ3の開幕戦となるホーム鳥取戦。
宮本監督の初戦は、京都ユースの監督として去年U-18プレミアで
戦った森岡監督の初戦というのも因縁を感じる相手です。

メンバーはGK谷をはじめ2種登録(ユース)の選手を4人起用。
DFラインは人手不足感あってちょっと心配…

試合の入りはガンバが完全に支配。いいテンポでボールを動かせました。
いきなりシュートを3本ほど放ち、このままイケイケになるかと思いきや
すぐに鳥取も対応してきましたね。それとやはりゴール前が今一歩。

0-0で折り返した後半は鳥取の動きが上回り、後半18分に右サイドを崩され
元ガンバユースの原口拓人に決められ失点。勢いづいた鳥取に4分後に
また右サイドを突破されて2失点目。CBが対応して突破されてはいかんですね。

その後はいくつかチャンスはあったものの思うようには攻撃をしきれずに
時間が過ぎて試合終了。ゲームの立ち上がりのような時間帯をもっと作りたかった。

攻撃ではサイドチェンジでピッチを広く使ったいい形も見られましたが、
そこからのクロスやラストパスの精度が今後の課題でしょうか。

トップで試合に全く出れてない市丸や平尾、飯野はU-23に出場させて試合感を
失わないようにした方がいいとも思いますね。

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ