Kindle fire HD 8 タブレットを購入したので、DAZNのビットレートを確認してみました。

通信にはDMMモバイルのMVNO SIMを入れているZenfone3を使ってテザリング、
J3鹿児島戦を観た日の総通信量で確認しました。

その日の総通信量は、850MBでした。予想よりずっと少ない結果です。

視聴は試合の部分のみで、ハーフタイムや前後は観なかったので、実質100分程度。
6000秒とすると、ざっと1.13bpsという計算になります。

Zenfone3とMVNO(DMMモバイル)でDAZNを視聴してみた」では3Mbpsでしたし、
PCで観た場合は標準画質で2.5Mbps強くらい。それよりかなり低くなっています。

その理由を推測すると、「DAZNのスマホアプリではエンコードが違う」ではないかと。
Edgeを使うのが最も安定していると言われているのも、それが絡んでいるのかも。

肝心の画質の方は、当然標準画質なのでお世辞にも綺麗とは言えませんが、
安定して観れたので耐えられる程度かな。そもそも画面解像度が1280x800なので
720p以上の画質にしてもそれほどの意味がないですし。

逆に1試合観て1GBしか使わないのは外で観るにはいいのかな、と。
テザリングを使って観る機会はほとんどないですが、いざという時に通信容量を
追加で購入するのも困りますから。

実家の細い回線でも観れそうだし、もうテザリングを使う機会もないかな(;´∀`)

Kindle fire HD 8 タブレット

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ