今年は1シーズンに戻ったので、34試合を7,7,7,7,6の5クールとして
総括していきたいと思います。

第1クールの第7節終了時で3勝3分1敗の勝点12、得点13・失点8・得失点差+5

● 3勝3分1敗・勝点12(5位)
 「試合数×2」を優勝ラインと考えると勝点2足りません。
 負けた相手が未勝利だった広島、引き分けが甲府、浦和、C大阪。
 甲府とC大阪はACLアウェイの後の試合というのもありますかねぇ。
 それより今野が抜けた後の内容が悪いのが気になります。
 柏、東京との試合の内容が良かっただけに。

● 得点13・失点8・得失点差+5
 得点13はまずまずです。失点8も悪くない。
 ただ得点のうち6点は柏戦と東京戦の3得点づつ。
 この2試合のような試合が増えれば…というところですねぇ。

一昨年、昨年と今野抜けた時の成績が悪い。今年も同じ流れです。
さらに東口の離脱があったり、アデミウソンの離脱と怪我人続出。ファビオもヤバい?

3バックも今野・倉田のインサイドが健在ならボール奪えて
そこからの攻撃も迫力あるのですが、2人とも揃わないとイマイチ。
2人が揃わないなら4バックも使うなど柔軟にやってもいいんじゃないかなぁ。

いつもならスロースターターでも夏場から巻き返せばいいやと思いますが
今年はスタートが早かっただけに逆に失速も有り得そう。
取りこぼしなく勝点を早めに積み上げておきたいところですが…

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ