AFCチャンピオンズリーグ・グループステージ第5節。
負けたら終わりとなる試合は、大宮戦に続いて4バックできました
遠藤と井手口のボランチで2トップは堂安と長沢を起用。

試合開始から大宮戦同様にハイプレスで主導権を握りました。
そこで得たCKから長沢が頭で決めて先制ゴール!(・∀・) 前半6分。

その勢いのまま、前半12分には堂安がワンステップ放ったミドルが
ニア上に突き刺さりゴール!(・∀・) 見事なゴール、覚醒しましたねぇ。

これで楽に試合を進められるかと思いましたが…落とし穴は前半終了前に
訪れました。金正也が足を滑らせて相手にボールを奪われ、そこから失点。
前半を2-1で折り返します。

後半も悪い流れのまま、1点差になったことでアデレードが主導権を握り
後半9分にミドルを叩き込まれ失点。同点とされてしまいました。

しかし後半13分にオ・ジェソクがペナルティエリアで倒されPKを獲得。
絶好の勝ち越しチャンスに、キッカーの遠藤がPKを外し得点ならず。
この後、ガンバはパスミスが増えて益々悪い流れに…

藤本→泉澤、遠藤→アデミウソンと投入して運動量を増やして活性化して
後半32分、オ・ジェソクが右サイドを突破してのクロスを長沢が流し込みゴール!(・∀・)
やっと勝ち越しました。

このまま時間が過ぎて最後はパワープレーを仕掛けてくる相手に対し、
ファビオを投入して逃げ切りを図りますが、ATにセットプレーから失点。
またも追いつかれ、このまま3-3で試合終了となりました。

試合の入りは最高で、前半失点するまではそれほど怖いシーンもなく
3点目を取れば試合を決められていたかもしれない試合。
ミスから流れを相手に渡し、勝利まで手放したような試合でした。

時間が経つにつれてミスも増えましたねぇ。悪い時はこんなもんですが。
堂安が2試合連続で得点したことだけが数少ない希望かなぁ(´・ω・`)

H組もう一つ試合は済州が勝って済州が2位浮上。
MD5の直接対決で済州に大量得点差で勝てばまだ2位の可能性はありますが
期待はしないほうが良いレベルの点数差ですね…('A`)

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ