5/20から韓国で行われるFIFA U-20W杯2017 の壮行試合
U-20日本代表 vs U-20ホンジュラス代表
はインターネット中継があったので観ました。

交代に制限なしの試合でしたが、前半に出たメンバーが本戦でもスタメンに
名を連ねる可能性が高い感じです。堂安と初瀬が先発しました。

序盤からホンジュラスがかなり高い位置からボールを奪いに来るのでCBとGK含めて
自陣でボールを動かす時間が長かった。相変わらずボランチから縦パス入らず。
U-19アジア選手権から課題のまま。

先制は日本。CKから小川がヘッドでゴール。
しかし時間をおかずにCKからカウンターを浴びて失点。
さらにバックパスをよーいドンの形で相手FWにスピードでぶっちぎられ失点。
あっさり逆転されてしまいました。

1-2で折り返した後半、原に代えて市丸投入。これで単調だったボール回しに
テンポが出ました。キックオフからいきなりの左からの攻撃でPKゲット。
これを坂井が決めて同点。

その後もいい攻撃ができました。市丸がいると堂安が前向いてボールもらえる。
最初っから市丸使って欲しかったですねぇ。

しばらくして大量交代。久保も登場しました。その直後にCKから板倉が逆転ゴール。
リードしてからも日本はテンポよくボールを繋いでいい攻撃を見せました。

試合は結局このまま3-2で終了。

相手のスピードに対応できないシーンや、体格良さでキープされるシーンが
何度もあったので、このあたりは本戦に向けて覚悟しておかないと。

久保はこの中で一番足元のテクニックやパスが上手いかも。
体格や体力的な部分で後半の切り札として使ってくると思います。
足が止まった時にあのドリブルされたらたまったものではないでしょう。

試合としてはU-19アジア選手権をなぞるような、市丸を起用してからチームの
リズムが良くなった試合でした。これで市丸を本戦で使わないなら監督は無能。

その後に行われた30分間の練習試合では高木が得点を決めました。
追加招集された選手だしアピール出来て良かったですね。

にほんブログ村 サッカーブログへ