今回もロクに予備知識なく観ました。
A・マドリードの監督シメオネも放送の中で知った('A`)

序盤から中盤の潰し合いが激しくお互い決定機が作れない状況。
最初の決定機は横パスかっさらったベイルがゴール前まで自分で
持っていたシーンですが、枠を捉えられず。逆にA・マドリードが 
ゴール前に浮き球を送ったところでカシージャスが中途半端な飛び出しで
ゴディンのふんわりヘッドに逆を突かれてA・マドリードがラッキーな先制。

後半時間を追うごとにR・マドリードが攻勢を強めるものの
A・マドリードは全員でハードワークして、ゴール前では身体張って
結局最後まで 守り切ってしまうのか…と思いきやATにCKから
セルヒオ・ラモスの同点ヘッドでR・マドリードが終了間際に追いついて延長戦へ。
延長に入る前にセルヒオ・ラモスにキスをするカシージャスが印象的(*´Д`*)

こうなると延長戦はR・マドリードがイケイケで試合が進んで、延長後半5分に
ベイルがシュートのこぼれ球を押し込んで決勝ゴール!
さらにマルセロのダメ押しゴール、CロナウドのPKも飛び出して
結局4-1でR・マドリードのCL優勝となりました。

最後は経験の差のようなものを感じた凄い試合でした。

にほんブログ村 サッカーブログへ